2019年03月28日更新

【センター生物基礎】2016年一橋大学社会学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-34.jpg
年度
2016年(現役)
入学
一橋大学社会学部
合格大学
慶應義塾大学文学部
出身高校
東京都私立頌栄女子学院高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 76点 / 数II・B 72点 / 国語 152点 / 世界史 96点 / 倫理・政治経済 76点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 50点

センター生物基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

一橋大学は学部によってセンターの圧縮点数が大きく異なってるんです!

私の志望していた社会学部のセンター配点は、英語、国語、数学がそれぞれ200点から20点に、社会科目二つがそれぞれ10点に圧縮となるのですが、なんと!理科基礎の点数は圧縮されず、そのままの点数になるため100点分になります。

ということは、二次試験に合わせて換算されるセンター点数180点のうち100点分、理科基礎が占めることになるため、理科基礎のセンター対策はとても大切でした。

生物基礎の目標点数はズバリ満点です!一問も落とさないことを目標としました。

ここで重要なポイントとなるのは生物基礎はセンターだけに使う科目ということです。他の科目のセンター対策は普通、二次試験の対策をしながらやるのでセンターの二か月前くらいから本格的にやると思うのですが、センター試験にしかない生物基礎はなるべく前から、それも夏から本格的に毎日触れるようにするというのを大切にしました。

センター生物基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

参考書の中でも講義用の参考書と問題を解く用の参考書と大きく分けると二種類になると思うのですが、まず初めに私は学校で配られた教科書を六月から毎日一講ずつじっくり読み進めていきました。三周するのに一か月半かかりました。

次に、東進の『田部の生物基礎を初めからていねいに』を講義本としてセンター直前まで何周したかはわからないほど読みこんでいきました。

この参考書を使うときに気をつけたことは太字や赤字の部分はもちろんですがハイライトされていない部分に注目したこと、また、この参考書をノート代わりとしてその参考書に乗っていない情報や他の問題集や模試で間違ったことなどを書き込んで、自分だけの本にしていったことです。

この参考書を三周して覚えた後に、問題集用の参考書としてZ会の『9割をねらえ!解決センター生物基礎』と駿台の『短期攻略センター生物基礎』の順で夏休みに毎日解いていきました。

そして、十月におこなわれる一橋プレ模試が終わった頃に、河合のセンター黒本を全て解いて、できないところを復習しました。生物基礎は他のセンター科目と比べて過去問も少なく問題量も少ないので意外と過去問全部できちゃいますよ!

クリスマス前にはそれも終わっていたので、駿台、Z会の実践問題集を一日一回のペースで解き、センター直前期には東進の『田部の生物基礎を初めからていねいに』だけ読み、間違えたところの復習をしました。

Sponsored Links

センター生物基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター理科基礎は試験時間30分です。生物基礎は知識で解ける問題と少しの計算がいる問題と二種類あって後者の方つまり計算が必要な問題に時間がかかるため、そこに考えすぎて時間がなくなることがないように少しでもわからなそうだなまたは時間がかかりそうだなと思ったら、適当な番号をマークし、次の問題に進みました。

ここで、適当な番号をマークすることはマークずれ予防になります。そしてそれと一緒に問題の方に目印をつけることで最後に戻って来たときにどの問題を解くかがわかりやすくなります。

知識問題の方は覚えてさえいればすぐ解けるので、計算問題を後に回して時間をかけてじっくり正確に解くよう意識しました。

センター生物基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

こんなに自分では完璧に勉強したつもりだったのですが、実は、2016年度センター生物基礎第一問の問1を実際のセンター試験で間違えてしまいました。

その内容はミトコンドリアの細部の組織を光学顕微鏡で見れるかどうかという問題で、問題集でも顕微鏡の内容はすーっと読み飛ばしていて突っ込んで考えておらず、問題を見たときに、思わず、「あー、、」と思って解いた記憶があります。

結果的に自分でそんなに重要でないなと決めつけてしまって深く理解していなかったところを間違えてしまったので、少しでも気になったところはそのままにしないことが大切だと思います!

センター試験といえども、満点を取ることは簡単なことではないので突き詰めた勉強が大切だと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター生物基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

生物基礎はセンターに導入されてからまだ歴史が浅く過去問が少ないので、他の科目のようにセンター直前期に過去問を解きまくるという対策はできません。なので参考書を有効活用していくのが重要です。

また、参考書だけではなく教科書を併用していくのも大切です。センター試験は教科書から逸脱する範囲や事象は出ないので、教科書で一通りの流れや知識を頭に入れた後で参考書で曖昧な知識や因果関係をつかむという勉強が有効です。

生物基礎をセンターで受ける人はそもそも科目数が多くて大変だと思いますが、毎日少しずつでいいので早め早めの対策をすることが高得点の鍵です。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ