2019年03月28日更新

【センター生物基礎】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-33.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター生物基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は満点でした。その為には『基礎』とついている通り教科書をまず一通りマスターすることが、必要不可欠だと思ってました。

参考書は教科書の内容を理解してから買った方が理解を深めるという意味でいいと思います。参考書は同じ内容を別の視点から眺めるという手段として有効なはずなので、最終的に1冊は買うことを薦めます。

しかし、教科書をベースに試験問題が作られてるのは確かなので、私は教科書理解を第一に考えていました。

センター生物基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使用した1つ目は各予備校の出している予想問題集(3種類)。これは自分の知らないこと、間違えて覚えていることを修正する手段として使っていました。 予備校の予想問題は難しめに作ってあるので、これを完璧にすると本番の試験が余裕に感じられることでしょう。

2つ目は『大学入試の得点源 生物基礎[要点]』。要点がうまくまとめられてるので、基礎に時間かけれない…という人に非常にオススメです。 これ1冊でセンターはかなり点数取れます。これは出る、これは出ないがはっきりしていて値段もそんなにしないというまさに至高の1冊になっています。

Sponsored Links

センター生物基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

意識していることは特にありませんでした。あえていうならマークミスをしないように注意することくらいだったように思います(笑)。

解く順も意識してませんでしたし、配分も気にせずただ最初の問題から一心不乱に解いていたように思います。

生物基礎は、大問別にとりわけ難しい問題はほとんど出題されません。あるとしても、大問の中に1、2問ひねった問題があるくらいです。

そのような問題に遭遇した場合は、ひとまずその問題を飛ばし、一通り全部の問題を解き終わってからまた戻って考えるのがベストだと思います。全体として問題量はそんなに多くはないので、わからない問題は最後に残したとしてもじっくりと考えることができます。

センター生物基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

かなりの数の問題をこなしていたと確信していますが、間違えた問題を一回みてそのままにしていたことは後悔すべき点だと思います。結局本番で満点は取れなかったので、かなり反省しています。

改善策としては間違えた問題をノートにメモしとくなどしていつでも復習できる状態を作っておくべきでした。どの教科にも共通しますが、自分だけのノートを作ることは重要で、センターの会場に持ち運びやすいポケットサイズのノートを準備するのもアリかなと思います。

ただし、まとめるのに時間を要してしまいがちなので、さっとまとめる力は必要です。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター生物基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

生物基礎は50点満点の比重の小さい試験ではありますが、最大で1問に4点が配点されており決して油断できない教科になります。

知識量としては世界史などよりも少なく、内容も理解しやすいので、ついついおろそかにしやすいものですが、こういう教科だからこそ安定して高得点を取りたいものです。

週に1時間でもいいので、勉強して知識の抜けがないか確認するようにしてください。 最後に、うまく点が取れない人はとにかくその分野の教科書を参照するようにしてください。ある程度取れる人はどんどん問題を解いて実力をつけてください。応援してます。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ