2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年東京大学文科三類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-33.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学文学部
出身高校
沖縄県私立興南高校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 91点 / 数II・B 97点 / 国語 168点 / 世界史 91点 / 地理 83点 / 化学基礎 46点 / 物理基礎 46点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は95点。僕は2次試験に論述が課され、暗記が苦手であったため2次試験を意識して各暗記事項の周辺知識を重点的に勉強しました。

このことが結果として年代関連や同時史関連の問題を解くのに大いに役立ち、基本知識をできる限り応用して有名な戦争な順番、人物の功績などと言った世界史の流れを理解することもできたことで、目標を達成するために最も重要な点であったと思います。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

『ここが出る!センター世界史Bノート』について。これは自分で穴を埋めながら世界史の流れを理解するものです。2次試験レベルにも対応していて、歴史をまとめた表や簡単な問題も掲載されているので、自学習に便利でした。次に『教科書、資料集、用語集』について。僕はこの三つを「三種の神器」と呼んでいます。

東大の問題であれ、センターの問題であれ、ほとんど全ての解答はこの中に記されています。そのため、知らない単語や複雑な歴史的事項があればすぐにこの「三種の神器」を使って検索しました。

その際、知らなかった言葉の周辺にある事項も確認しましょう。これらは知識の基盤となるものであり、ノートとは異なるので、書き込みはしませんでした。追加の情報はノートに記して、「三種の神器」は検索ツールとして使いましょう。

最後に元祖世界史の年代暗記法について。掲載されている世界史の年代で星マークがついているのを暗記していきました。センター試験での年代整序以外にも先述した周辺事項の理解にも役に立ちます。12月から使っても十分間に合いますので、ぜひ使ってください。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

試験中に意識していたのは、誤りの選択肢には正しい内容を書いておく、ということです。これにより選択肢の読みが雑になるのを防ぎ、読み間違いで失点する危険を回避できます。

また、模擬試験中で時間が余った場合は積極的に復習を始めました。リード文や選択肢から知らなかった事項を見つけ出し、メモを取っておけば、試験後にしっかり復習できます。選択肢単位でも歴史の流れがわかりやすかったり、重要な単語が並んでいるものがあれば、空いたスペースに写して暗記しました。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

後悔はありませんが、もう少し効率よく勉強できればよかったと思います。暗記がもともと苦手なのでなんども世界史の重要事項を「三種の神器」で調べていましたが、小さな見直しノートなんかを作成して短時間でも復習が行える工夫をしていれば、もっとうまく暗記できたのではないかと思います。

とはいえ普段世界史の勉強をしていて問題を間違えたり迷ったり知らない用語に出会った時に毎回『教科書、資料集、用語集』を徹底的に使い込むことは必ず偏差値をあげるのでぜひ実践してほしいです。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

兎にも角にも流れが大事です。片っ端から暗記するのではなく、歴史的な因果関係を抑えた理解を試みれば、どんな形式にも対応できる世界史観が身につけられます。センターを単純に満点近くとるためだけに勉強するのではなく、2次試験を意識して各暗記事項の周辺知識を重点的に勉強すると効率的だと思います。逆にセンター世界史で間違えた時にも落ち込むのではなく気づくことができたと前向きに捉えることも重要ですね。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ