2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-33.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は100点でした。そのためにはとにかく知識を詰め込むことを必死にやってました。センターの世界史は全て問題で文が与えられているため、選択肢中の4つの文のうち3つの誤文に関して、『ここが違う!』と指摘できれば勝ちなので、とにかく単語、その説明、その周り出来事、その大体の年代を押さえていればセンター世界史に関しては80点から90点を安定して取ることができるようになります。

注意点は年号をむやみに覚えようとしないことです。確かに全ての年号を覚えることに越したことはありませんが、きっと時間もかかりますし、そもそもそれを全部覚えるだけのキャパシティがあるかどうかも人それぞれだと思います。なので、歴史的な大事件が起こった年号のように本当に重要なものか単に数字的に覚えやすいものだけ覚え、あとは『この出来事はだいたい○○cくらい』を把握するだけで十分かと思います。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使用したのは教科書、詳説世界史B、黒本です。まず教科書の使用法について。私の教科書の使い方は、まず世界史の世界観に慣れ、太字で表現されているような基本的な知識や大まかな歴史の流れを押さえるために使っていました。主に使っていた時期は高校2年生でした。

学校のテストの範囲に沿って読み進めました特に意識していたのが、流れとそれをどのように教科書が表現しているかでした教科書の文章を一語一句覚えれば、解けない問題はないとまでいう人がいますが、それはもっともな話で、大学入試のほとんどが教科書に準拠しているわけですから、その表現を覚えることが入試に直結するのは当たり前で、私はかなりこのことを意識していました。

次に詳説世界史Bについて。これは『この単語知らない…』とか『このことについてもっと知りたい!』となった時に使える教材です。あんまりメインで活躍することはないのですが、縁の下の力持ち的役割を果たしてくれるいい教材となっています。世界史学習者は手元に置いておきたい1冊です。

最後に黒本について。過去問はやはりとても有効な試験対策と言えるでしょう。私はおそらく載っている年度分(25年分)は全てやった気がします。

間違えた問題に関しては何が原因で間違いを選んでしまったのか、また正解した問題に関しても間違いの選択肢が何が原因で間違えたかがわからずに勘で当たった場合もあるのできちんと確認をしましょう。復習がここも大事になってきます。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

時間配分とかは考えていませんでした(そもそも時間が余るので)。意識していたことは、誤文の間違った箇所に傍線を引いて確認作業を簡単にすることくらいでした。傍線を引くことは視覚化されて自分の回答に自信が持てますし、見直しも楽になって非常に便利です。

しかし、試験中に意識することは特になく本番前までにいかに知識を蓄積できるかが鍵なのは間違いありません。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

苦手だとわかっていながらも、他の単元が忙しいことや出ないだろうと割り切って、苦手な分野の勉強を徹底しなかったことです。世界史はそもそも苦手で、付箋を使った勉強をするなど一応工夫した学習をある程度心がけていましたが、やはり世界史全般が苦手だとは言っても、その中で例えばあまり世界史で取り上げられることのない東アジアなどの本当に苦手な箇所はありました。もっと工夫しようと思えば、単元別にノートにまとめるなどして苦手を徹底的に潰すことをすればよかったなぁと後悔してます。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター世界史はやれば確実に点が取れる教科です。正直な話受験から離れてまだ2ヶ月強ですが、私は世界史の知識をほとんど忘れてしまった気がします。なので、世界史の知識はたかだか短期記憶であることが受験を終えた今よくわかりました。

高3の人も1学期には、まだまだ世界史の他にやるべき教科がたくさんあるとは思いますが、12月になってセンターがまじかになってくると、毎日寝る前1時間以上は世界史を勉強し、知識を詰め込むだけ詰め込んで試験に望むようにしてください。

他の教科よりもはるかに短期間で伸びやすい教科がセンターの世界史なので、はじめは覚えることがいっぱいで嫌になることも多いかもしれませんが、次第に個別に覚えていた知識が繋がり少しずつ面白みが増して、勉強が苦にならなくなる場合はあります(世界史に興味を持って学習することが記憶にも残りやすく望ましいのです)。

時間がない場合や勉強しても本当に面白みがわからない場合はとりあえず嫌々でも学習しましょう。センターの合計点のアップには必ず繋がることでしょう。頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ