2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年東京外国語大学言語文化学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-32.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京外国語大学言語文化学部
合格大学
早稲田大学国際教養学部
上智大学外国語学部
早稲田大学文化構想学部
早稲田大学教育学部
出身高校
東京都私立淑徳高校
センター試験
英語 181点 / 数I・A 62点 / 国語 160点 / 世界史 98点 / 現代社会 92点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

世界史は一番得意だったので100点満点を目標としていました。

目標達成のためには暗記だけでなく、歴史の流れを理解することも重要だと感じていました。そのため世界史を勉強する際にはただの暗記作業にならないように、用語どうしのつながりを意識していました。

私は正誤問題が苦手だったので、人物とその人の行ったことは時代背景なども調べて、流れに沿って覚えることを心がけていました。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

私は教科書をベースとした勉強をしていました。

ただ単に教科書を黙読するのではなく、教科書を読みながら適当な紙にひたすら覚えたい語句を書いて、一節終わるごとに頭の中で軽く内容をまとめていました。

また、紙にそれぞれの事件や国がどう関係しているのかを矢印などを使って図にしてみると良いです。覚えるために書くだけなので綺麗に書く必要はありません。

私は近現代が苦手だったので、大航海時代以降を中心に読んでいました。一日3、4節のペースで、1時間ほどかけて教科書を読み終えた後は『はじめる世界史』やセンター形式の問題集、『山川 一問一答世界史』の対応箇所を解いていました。

私は山川の教科書を使用していたので、山川一問一答は章や節が対応していて復習しやすかったです。結構細かい問題も載っているのでセンター後も使いました。

一問一答は正誤問題などに比べて頭を使わずに済むので、お昼ご飯の後やる気が出ないときに1時間ほどやっていました。

また、世界史は日本史とは異なり、時間軸の縦の繋がりだけでなく横の繋がり、つまり時代ごとの国家同士の関係が極めて重要なので、資料集に載っている世紀ごとの地図は要チェックです!

年号は語呂をまとめた本を寝る前に読んで覚えていました。語呂は口に出して読むと覚えやすいです。年号は問題として出ることもありますが、正誤問題などを考える時にも役立つので、有名な事件や条約の年号は覚えておきましょう。

オススメの参考書は『はじめる世界史』です。内容はかなり簡単ですが、要点をまとめた後にそれぞれ対応する範囲の私大の問題が載っているので、読んだ内容をすぐに軽く復習できます。

問題部分は教科書の復習としても使えますし、試験の日に持っていくと分からないところを確認できて便利です。

ただ、細かい知識はあまり載っていないので覚えたいことは自分で書き足した方がいいと思います。

山川の用語集も持っていましたが、そのまま覚えるのではなく、辞典のような使い方をしていました。

あとは授業で習ったところをその日のうちにちゃんとノートを読み返して復習していたことがよかったのだと思います。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

毎回30分ほど余っていたので時間配分は必要ないと思い、考えていませんでした。解く順番もそのままです。

理由は、特に順番を変える必要性を感じなかったのと、ページを行き来する時間がもったいないと思ったからです。

2分考えても分からない問題は、とりあえずその時点で正解だと思うものをマークしておいて、余った時間に考え直していました。

そのときにちょっとでも良いのでその選択肢を選んだ根拠やキーワードをメモしておくと、後々考え直すときに役立ちます。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

年号は本当に様々な問題を考える上で役に立つのでぜひ覚えて欲しいです。

また、時代や世紀ごとに影響力を持っていた国なども覚えておきましょう!(13世紀はモンゴル帝国の時代 など)

あとは、自分がなかなか覚えられない言葉や関係を小さなノートに書いて通学中に見ていたのが地味に役に立っていたのではないかと思います。

地図をもっとしっかり勉強していれば、より良い学習ができていたと思います。特に中国やメソポタミア付近の都市などは私大でも出るので、正確に覚えておくべきでした。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

世界史は暗記科目なので、とにかく毎日継続して地道に憶えていく必要があります。

教科書や参考書を読んで何かを憶えたら、すぐに同じ内容の問題を解いてみたり、できるだけ教科書を見ずに思い出したりして記憶を定着させてほしいです!

授業の受け方ですが、わたしは学校で世界史の授業を受ける際に何でも書く用のノートを一冊作り、そこに授業で先生が言ったことを全て書いていました。(ノートじゃなくて、いらない裏紙でも構いません!)

そして放課後にそのノートをもとにして、世界史ノートや授業のプリントにきれいに書き直していました。

慣れないと少しめんどくさいですが、この作業が日々のちょっとした復習になっていたのだと思います。

また、授業でノートをとる時は重要な語句をオレンジペンで書いて赤シートで隠せるようにしておくと、テスト勉強の時や教科書を読んだ後に確認できて便利です。

センター世界史はとにかく教科書を完璧にすれば良い点が取れるので、色々な参考書に手をつける前に、まずは教科書を確実に覚えてほしいと思います!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ