2019年03月28日更新

【センター数学】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-31.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター数学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は満点でした。そのためには解くスピードが最も重要だったと思います。

センター独特のくせみたいなものがあり、記述式ではできる人が全くセンター数学ができないケースもよくあることなので、まずは数学の単元を一通り終えたらセンター数学に慣れて、問題を最後まで解き切るスピードを身に付けるのが肝心です。

スピードを意識するようになると間違いもきっと増えると思いますが、そこは心配せずにまずはセンター数学のスピードを実感して追いつけるようにすることが肝心です。普段の問題演習できちんと正答できているなら、そのうち答えも合うようになります。

センター数学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

基本的には河合塾の黒本を使っていました。しかし、データの問題など最近新しく追加された問題もあり、過去問が一部使えないものもあるので過去2年分くらいしか今の形でないので、各予備校の出している予想問題を解いてみるのも手だと思います。

ついでに追試験も解くことをオススメします。なぜなら、毎年追試験は問題自体が本試験よりも難しめに設定してあるので、こちらの問題に慣れておくと本試験が意外と楽になる可能性があります。

Sponsored Links

センター数学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

とりあえず、自分には解けない問題はためらわず放置することが大切です。ある問題に立ち止まると焦りが生まれ、その問いだけでなく後の問題にも大きな影響が出てしまいます。

1問に執着して数十点を失うより、2、3点をあっさり捨てることも一手です。解く順は始めから解きます。そもそも問題を選んでいる暇もありませんし、最初は簡単なことも多いので大問1から解きましょう。

センター数学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

後悔していることは、2次試験メインで受験勉強していたので、あまり対策をしていなかった整数で本番で手が止まってしまったことです。結果としてそのあとの問題も芋づる式に出来なくなり、かなり焦ったことを覚えています。

2次試験がある大学を受ける人は、2次とセンターとの勉強バランスは非常に大切なので、センターを侮らずきちんと過去問研究をして万全の体制で試験に臨みましょう。足切りも怖いので、確実にセンターの段階からガッチリ得点を稼いで、後の試験に臨みましょう。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

第一に、過去問を事前にしっかり研究しておくこと。第二に、本番では落ち着くことが重要になってきます。

十分な対策をすれば、満点が狙える教科が国語です。逆に出来ないと点差が他の人とかなり開いてしまい、大きなディスアドバンテージとなりかねません。日頃の努力がものをいう教科です。頑張って満点を目指してみてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ