2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の数学の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-13.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

東大数学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私の東大数学での目標点は45点です。

東大文系数学では、比較的簡単な問題が毎年2問は出題され、それを確実に解くことが合否の分かれ目になります。

この2問を的確に見極められるようになり、かつ確実に満点答案を作成して40点。その他の設問で部分点5点。計45点を稼ぐのが私の東大文系数学攻略法でした。

これを実現するためには、自分が解くことができる問題を見抜く選球眼を養うことと、その問題を解ききる計算力が必要になります。

本格的に東大数学の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

過去問対策は、高校3年生の夏頃から始めました。

東大の文系数学25ヶ年に掲載されている問題にはほとんど目を通したので25年分は解いたことになりますね。また東大模試の過去問もやっていたので、30年分以上解いていると思います。

多いように感じるかもしれませんが、東大は1年に4題問題を出題しますので、問題数にすると120題。中くらいの厚みの問題集1冊分とほとんど変わりませんね。

自分の得意分野、不得意分野をはっきりさせ、本番で自分が解くべき問題の選球眼を養うために東大の25ヶ年は全て解く必要があると感じていました。

東大模試の問題集2冊は、本番の感覚を養うために、4年分(4回分)ほどやれればいいかなー、と思っていましたが、気づいたら8回分全部終わらせていました。

Sponsored Links

東大数学対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

私は主に以下の3点の参考書を使用していました。

①教学社の『東大の文系数学25ヶ年』
②河合塾の『入試攻略問題集』
③駿台の『実戦模試演習』

①は東大数学の傾向をつかむために1日1~2問を毎日解き、②③は入試本番の感覚を得るために、時間を計りながら、本番と同じ緊張感を持って解いていました。②③を解くときは時間が許せば、実際の試験時間のである14:00~15:40に解いてみる、というようなこともやっていましたね。

②③は過去に東大模試を数年分まとめたもので、当時の受験者の平均点や細かな採点基準まで掲載されているので、独学に最適です。

数学は、たとえ答えが合っていたとしても、そこに至るまでのプロセス、途中式で大きく減点される可能性のある教科。

東大数学においては、途中式の減点は大きなダメージになります。特に私のように何問かに狙いを定め、その問題で満点答案の作成を目指す人にとっては、致命的です。

詳細に採点基準が掲載されている②③を使えば、自己添削が非常に行いやすくなり、数学で減点されるポイントを学ぶことができます。

また減点だけでなく、加点のポイントもわかるので部分点狙いの参考になり、便利です。

東大数学の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問や東大模試の問題で、解けると感じた問題は、とにかく答えが出るまで何時間かけても考える、という解き方をしていました。

よく〇〇分考えてわからなかったら、答えを見て確認するという勉強法を耳にします。たしかにある一定のレベルまではこのやり方は正しいと思うのですが、東大模試で1~2問は完答できるくらいの実力が付いてきた人には、この方法はおすすめしません。

なぜならその程度の実力がある人はすでに数学の理解力は非常に高いレベルにあるため、解答を読むとすぐに理解でき、この問題は解けると勘違いしてしまいがちだからです。

しかし実際に後から解いてみると解けない、東大模試で出題された類題を解けなかった、ということはよくあると思います。

こういった人には、40~60分、あるいは2~3時間、長い時には時間を置きながら2,3日かけてでも自分の力だけで答えを導くという勉強法をオススメします。

時間をかけ、何度も回り道をして解答するからこそ、模範解答がいかに洗練されているかがわかり、自分の答案のムダやつまづいたポイント、その問題で合否をわけるであろう数学的発想などの細かい部分に気づくことができます。

すぐに解答を見てしまう方法では、このような点に気づくことは決してできません。

またこういった気づきを得ていくことで、加速度的に問題を解くスピードは早くなっていきます。最初は時間がかかるかもしれませんが、初めのうちに負荷をかけてことで後々楽になりますよ。

またこういった気づきは、模範答案の清書とともに1つのノートにまとめておくと、模試の直前や入試本番の直前に復習できて便利です。

愚直で迂遠な方法に見えるかもしれませんが、数学で40点以上を取るためには避けては通れない道だと思います。

東大数学の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

河合塾の『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』はオススメです。餅は餅屋と言いますが、さすが大手予備校だけあって、東大の入試問題を研究し尽くした上で、問題を作成していると思います。

一見図形問題と見せかけて、実は座標に乗せて関数で考える問題など、東大っぽい目のつけどころの問題が多数掲載されており、参考になるでしょう。

私の受験した年度でも全く同じとはいきませんが、相加・相乗平均を用いて、最大値・最小値を求めるという、問題集と似たような解法を用いる問題が出題されました。

またどんなことでも点数には結びつくと思うので積極的にやってほしいですが、あえて言うならば、難関大受験者が好んで使用する『大学への数学』、通称「大数」はやらなくても良いかなと思います。

読み物としては面白いですが、基本教科書レベルの知識以外必要としない東大文系数学には無用の長物です。実際に入学してからも周りの文系生に「大数」をやっていた人はほとんどいませんでした。

最後に合格したからこそ言える東大数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大文系数学では、よほど数学的センスがある人でない限り、全ての問題を解いていたのでは時間が足りなくなります。

全ての問題に満遍なく時間配分するのではなく、解けると感じた問題に食らいつき、絶対にこの問題は満点をとるという覚悟で臨んでください。

また数学は、直感がものを言う教科でもあります。少しでも問題を解かない期間をおくとすぐに勘が鈍ってしまうので入試直前期でも毎日必ず1~2問は問題に触れるようにしましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ