2019年03月28日更新

【センター国語】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-29.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター国語の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は満点だったのですが、正直期待はしてませんでした。理由は、国語は選択肢が絞りにくく、うっかりミスはもちろん、「これだ!」と確信した選択肢でさえも間違っているということが起こりやすいからです。

ただ最低限意識していたのは、文章を落ち着いてじっくり読むことでした。時間は短いとはいえ、20分ずつ与えられているんだと思って自分の気持ちを落ち着かせる必要があります。焦っていては読める文章も全く頭に入らず、またさらに焦る…という負のスパイラルに陥ってしまいます。2択に絞れても間違いを選べば、適当に選んで間違えた人との差がないというセンター特有のデメリットにはまります。それを防ぐためにも、まずは本文を適切に読解できるように冷静になることが何よりも大切です。

また、国語は難しい問題だからといって飛ばすといったことがしづらい教科です。そもそも試験時間がギチギチですので、もう一回じっくりと考えることができないですし、何しろもう一回文章の内容を把握し直さなければなりません。到底もう一度解いてみるといったことができません。したがって、最後は思い切って答えを選ぶのも一つの手ではあります。そこは、一問にこだわって他を手薄にするが良いか、その一問を捨て他を確実に取れるように努めるが良いかを天秤にかけて考える必要があります。

センター国語の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

対策は2年の頃から学校の定期テストなどで少しづつ出題があったので始めました。過去問などを練習材料として使い、練習では問題を解くので80分、答え合わせは5分、見直し30分のサイクルで回していました。センター国語はひっかけのポイントがある程度は決まっているので、点数を上げるためには過去問研究が一番効果的だと考えて赤本で10年分はしました。

さらに、授業時間を使って模試の問題もかなり解いたと思います。あと、私は最後までセンター国語が伸びなかったので(本番も164/200でしたが…)、センター直前1週間は毎日欠かさず1年分解いていました。センター国語は1年分解くだけでかなりの時間を使いますが、経験値はそれなりにつくので、1年1年大事に解きましょう。

Sponsored Links

センター国語の第1問(評論)の対策・解き方を教えてください。

評論は、25~30分かける大問です。

解き方に関しては筆者のイイタイコトを掴むことが重要で、かつそれが問題となりやすいので、『これが筆者の主張だ!』と思う箇所に線を引くようにしていました。あとは、意味段落ごとに問いが設定されているので、自分で意味段落の区切れ目を見つけて各意味段落を最後まで読み終わったら問題を見る(つまり本文を全て読んでしまってから問題を見ない)ようにしていました。なぜ全文を読むことを薦めないかというと、文章自体が長いのである程度文章の一連の流れは把握できます。しかし、読み終えたとき本文の前半部分の内容をついつい忘れてしまい、また本文を読み直さなくてはならなくなり、結局時間のロスにつながってしまうからです。おおよそ回答に必要な要素は傍線部の手前にあるので、読んでいるうちに傍線部にたどりついたら、一旦本文を離れて問題を読みましょう。

センター国語の第2問(小説)の対策・解き方を教えてください。

小説は、25~30分で解ければ十分な単元です。

コツは特にないと思います。あえて言うなら登場人物の心情が問われやすいので、そこを意識して読み進めることです。なぜコツがないかというと、問題として扱われる文章はごく普通の小説ですので、どうしてもそれまでの読書量に得点が比例してしまうからです。ですから普段から小説を読んでおくことも良い訓練材料になります(どんな種類の小説でも良いと思います)。

いきなりセンター小説は結構突っ込んだ問題も多く、高得点が狙いづらいので、ある程度小説に親しむ必要があります。

センター国語の第3問(古文)の対策・解き方を教えてください。

古文は10~15分で解ければよし、20分かかっても仕方ない大問です。

前提として、問題を解く前にまず単語が身についてないと理解ができないので、自分にあった単語帳を買って覚えましょう。センター古文で出てくる単語で解らない単語はノートに書いて自分だけの単語帳を作ると効率よく復習ができてオススメです。

解き方は、まずリード文をしっかり読むこと。これは、文章が難しいなと感じた出題者が、難易度を下げるためにつけるものなので、なんども読んで理解してから本文に入りましょう。

次に人物を押さえること。文章が進むと主語が誰なのかを見失いやすいので、登場人物を押さえておくと、本文を戻って確認しやすく、時間短縮にも使えます。

センター国語の第4問(漢文)の対策・解き方を教えてください。

漢文に関しては10分で是非とも解いてほしい問題です。漢文は唯一(?)常に平易で時間短縮が狙える教科です。

その理由として、1番目に挙げるべきことは本文が短いこと。次に、漢字なので意味が想像しやすいこと。最後に、注も多くて読みやすいことが挙げられると思います。

漢文は現代文とは異なり本文が短いので、一気に全文を読んで大雑把に内容を把握して、その後もう一度本文をじっくり読み、傍線部にきたら逐一問題を解くという方法を取っていました。これをマスターすればほとんどの問題を10分ほどで解けるようになります。さらに難しい漢字については考えても解らないので、文脈から判断しましょう。なんども言いますが、漢文で時間をかけてはいけません。

センター国語の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

国語の問題はおわかりのように、「本番の問題文が練習の時に解いたあの文章と全く同じだった!」なんてことは極めて稀です。したがって、本番に直結するような対策はあまり取れません。古文、漢文では単語や漢字の意味などの問題について直接的な対策は取れるのでしょうが、現代文の学習はおそらく本番にほぼ直結はしません。練習の段階では根気強くたくさんの文章にふれ、センター国語への耐性を作っておくことが必要でしょう。それぐらいしかできませんし、それぐらいのことが間接的に得点に結びついていきます。

あまりやらなくてもよかったと思うことは、現代文読解のキーワードを覚えることです。正直覚えていても、私の経験上センターレベルだと親切にも語注で意味を説明してくれることがほとんどでした。これでは、せっかく覚えていても周りとは全く差がつきません。万が一語注がなかったらと考えて勉強したり、二次試験に向けて勉強したりするのはアリだとは思いますが、センターだけを想定している人は、キーワードを覚えている暇があったらより多くの文章を読むことを勧めます。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター国語で時間が足りない…と悩むのは皆同じだと思います。たとえ東大生でもあの時間で問題を解かせる意図が解らないと皆口々に言います。時間が足りないのが自分だけだと決して思わないでください。

私はセンター国語が皆さんに要求しているのは、『文章の主題を素早く掴む力』だと思っています。従って、過去問を解くときは是非タイマーを横に置いてやってみてください。自分の目標タイムにどれくらいの差があって、その差はどこで発生しているのかを研究すると近道かもしれません。

最後に、センター国語は他の教科同様慣れがものを言う教科です。逆に言えばやらないと選択肢の全てが正解に見えて、混乱してしまいます。(それが出題者の狙いでもあります。)引っ掛けのポイントはある程度決まってるので、是非是非研究を重ねて高得点を狙って頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ