2019年03月28日更新

【センター化学】2017年東京理科大学理学部第一部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-27.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京理科大学理学部第一部
合格大学
中央大学理工学部
東京理科大学経営学部
東京理科大学理工学部
出身高校
神奈川県私立横須賀学院高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 91点 / 数II・B 82点 / 国語 77点 / 化学 71点 / 物理 100点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター化学の目標点は8割でした。化学は計算がメインと思われがちですが、暗記することが割と多い科目です。暗記が苦手だった私は、特に暗記重視で勉強していたと思います。

暗記をしっかりした後、様々な問題に対応出来るように、たくさん問題演習をしてアウトプットすることが化学では重要であると感じていました。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

河合塾と駿台のマーク式問題集をセンター試験1ヶ月前から1日1回。これは2年分の問題集をやりました。お正月の三が日には河合塾のセンター予想問題パックを、1日目の分を午前、2日目の分を午後にやってました。『入試に出る 無機化学の要点 スピード総整理』(旺文社)や、『鎌田の理論化学の講義』『福間の無機化学の講義』『鎌田の有機化学の講義』(大学受験Doシリーズ)の別冊まとめを本番前はたくさん回していました。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

前から順番に、分からない問題も飛ばさず解きました。大問4までで30分、それ以降と見直しで30分を目指しましたね。最後の大問の選択は両方やって確実に点が取れそうな方を選びました。合っているか少しでも不安な問題はわかるように大きく丸をつけてあとで細かく見直しするようにしていました。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

全体的に暗記が甘かったと感じました。アウトプットは重要問題集(数研出版)を何周もしていたけれど、特に有機分野の暗記がしっかりできていなかったのが高得点につながらなかった原因だと思います。どの物質とどの物質が合わさると反応が起きるとか、溶液の色とか、そのあたりもしっかり1つ1つ覚えることが必要でしたね。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

化学は分野別で出るわけではなく、理論と無機が混ざった問題が出たりします。なので全範囲の知識をある程度、理解しておくことが重要です。センターで私は化学を理科第2科目にしていたので、最後の最後の科目であったため気を抜いてしまいました。どうか皆さんは最後まで気を緩めず全力を尽くしてほしいなと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ