2019年03月28日更新

【センター化学】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-27.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
津田塾大学学芸学部
日本女子大学家政学部
東京女子大学現代教養学部
出身高校
愛知県国立名古屋大学教育学部附属高校
センター試験
英語 180点 / 数I・A 90点 / 数II・B 74点 / 国語 132点 / 生物 94点 / 化学 74点 / 倫理・政治経済 79点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

化学は苦手だったので、目標点は7割でした。知識問題で確実に点を取れば6割弱ほど得点になるので、知識問題と簡単な計算問題は落とさず、センター直前まで理解するのが大変な計算問題は最初から解答を諦めるという戦略を立てました。

私は2次試験では化学がいらなかったため、センター以上の難易度の問題を解くよりも基礎固めに徹することが1番重要だと感じていました。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

4月〜10月までは『リードライトα』や『セミナー』といった、基礎問題が充実した問題集を各々3周しました。ただ問題を解くだけでなく問題と図説と照らし合わせ、化学反応や化学物質を図でも暗記することで理解度を高められましたね。

11月からはセンター赤本の近12年分を2周解きました。間違えた問題を専用のノートに書き写し、電車の移動中や寝る前などのスキマ時間に復習することでミスを減らしていきました。

また答え合わせをする時も図説を見ながら解答を確認し、解けた問題でもより詳しく、他の事項と合わせて覚えながら暗記量を増やしていきました。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター化学は計算問題がやや多いので、計算時間確保のために知識問題に時間をかけすぎないよう心掛け、知識をしっかりと頭の中に入れていました。

とはいえ数学ほど計算量は多くないので、解く順番や時間配分は特に意識しませんでしたね。ちなみに私の場合、丁寧に問題を解いていって45分くらいの所要時間でした。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

普段の勉強で、「なんとなく」で問題を解かないことです!なんとなく覚えている公式に数字を当てはめたら正解していた…というのが一番危ないです。私も実際、いつも無意識で計算していた問題がセンター本番で出題され、「こんな計算式で合っていたっけ?いつもどうやって解いていたのか忘れちゃった…」とパニックになってしまいました。

いつも完璧に解けると思っている問題だからこそ、定期的に解答と照らし合わせて解法を再確認することが、本番で焦らないためにも大切だと思います。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター化学の得点源は主に計算問題です。化学の計算問題は例年同じ解法で解く典型問題が多く出題されるので、過去問やマーク問題集を何度も繰り返し、解法のパターンを身につけることが高得点獲得への近道だと思います。

また、化学反応は式と図の両方を合わせて覚えましょう!センター化学は化学反応の知識問題を色・臭い・温度の視点から問うことが多々あるので、図を見ておくとそれらもいっぺんに覚えられるのでオススメです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ