2019年03月28日更新

【センター英語】2017年お茶の水女子大学文教育学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-27.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学文教育学部
合格大学
中央大学総合政策学部
中央大学文学部
出身高校
茨城県県立土浦第一高校
センター試験
英語 177点 / 数I・A 63点 / 数II・B 55点 / 国語 151点 / 地理 85点 / 倫理・政治経済 84点 / 生物基礎 50点 / 化学基礎 34点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は記述が190点、リスニングが50点です。 模試やセンター対策の問題集では170点〜満点と点数が安定しませんでしたが、点数を落とすのは集中力を切らさなければ取れるはずのところだったので、出来るだけ高得点を狙いたいと思っていました。 同じ問題をできるだけ多く、丁寧に見直すことが重要だと感じていました。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

記述力を落としたくなかったので、本番1週間前まではセンター試験対策ではなく2次試験対策を中心としていました。センター試験対策の問題集を解き始めたのは11月の終わりからです。 問題に慣れるために、学校で配られたベネッセのセンター試験直前演習やその他のセンター対策の問題集を1週間に1回か2回分を解きました。

発音やアクセント・文法などの基本事項の確認にはNext Stageを使っていました。Next Stageは2年生から1週間に約20ページ分の小テストが始まったのでその対策として1周し、3年の夏休みに1日1章覚えて全30章を見直しました。

センター本番前の2週間は、なかなか覚えることができなかったイディオムのパートを繰り返し、どうしても覚えられないものを単語カードにまとめました。 この教材は覚えるべき項目に通し番号がふってあって、覚えていないものに付箋を貼って覚えたものから外していくと、どれだけ覚えられているのかがすぐに分かってやる気が出ましたよ。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

解く順番は問題番号通り。センター英語を解く順番については人によって様々なやり方があるようなので私も自分に合った方法を模索していました。 しかし、12月の初めごろにセンター対策問題集を解いた際、問題番号通りに解答しないことが原因でマークがずれて40点近く落としてしまいました。

それからは他の教科に比べて問題数が多い英語は順番通りに解いて余計なミスを防ぐことにしました。 時間配分は第1問と第2問を合わせて10分、第3問に10分、第4問〜第6問に15分ずつ、見直しに15分かけようとは考えていましたが、時間内に終わらない時に焦りたくなかったのでそれほどこだわってはいませんでした。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

英単語は無数にあるため、発音やアクセントの問題は対策しづらいと感じる人も多いかもしれません。 私はNext Stageの「Part6 アクセント・発音」をできるだけ覚えようと思って勉強しましたが、それよりも普段から教科書の音読をしていたことの方が良い対策になっていたと感じています。

少しでも読み方やアクセントが曖昧な単語があったら、辞書を引いて発音記号をメモしていました。私は1回自分で音読してからCDの音声を聞きました。 こうするとで勘違いしていた発音やアクセントがあった時に記憶によく残ります。第2問は文章が短いので、全て頭の中で日本語訳をしてから解くとやりやすいです。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

センター対策を始めた時は第3問B、長めの英文から取り除くべき一文を選ぶという問題が一番苦手でした。 まず、取り除くべき一文が①時系列を妨げるもの②関係のない単語が出てくるもの③明らかに違うことを述べているもの、に分けられると考えました。

1度読んで答えが分からなかった時は、この中のどのパターンに当てはまるかを考えると答えが見えてくると思います。 第4問は国名などの何度も出てくる単語や数値を記号を変えて(○や△など)チェックしながら読むと、解答する時に根拠となる箇所がすぐに分かって良いと思います。

広告を読み取る問題は、価格の例外などの注意書きに気を配ってください。文章や図に書いてあることがそのまま答えになる問題なので、ここは難しく考えない方がいいですね。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

長文問題で大切なのは、知らない文法や単語を気にして全て理解しようとすることではなく、できるだけ早く読んで大まかな話の流れを知ることです。私の場合は、まず1度全文を読んでから問題に答え、確認のためにもう一度英文を読む、という解き方をしました。 読み返す時には、本文中にある自分の解答の根拠になる部分には必ずチェックを入れましょう。勘違いしていた部分が見つかることもあり、ケアレスミスを減らすことができます。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

英語は問題数が50問以上あるため、最後に解いた問題でマークがずれていたことに気がついても、それを直す時間がなかったり見直しに時間が取れなくなったりしてしまう可能性があります。 英語を得意科目する人は多いと思いますが、そういったアクシデントがあると次の日の教科にも響いてしまうので、自信を持って解き切ることが重要です。

マークミスなどのケアレスミスを無くすため、大問が1つ終わるごとに問題番号を確認しながら解くことと、自分が簡単だと思った問題こそ慎重に見直しすることをおすすめします。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ