2019年03月28日更新

【センター英語】2017年東京理科大学理学部第一部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-26.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京理科大学理学部第一部
合格大学
中央大学理工学部
東京理科大学経営学部
東京理科大学理工学部
出身高校
神奈川県私立横須賀学院高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 91点 / 数II・B 82点 / 国語 77点 / 化学 71点 / 物理 100点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は170点、8割5分です。現役時代、最初から順番に解いても第4問に入るか入らないかくらいまでしか解けませんでした。浪人の1年間でセンター英語の点を上げるためのカギだと気づいたことは3つあります。

1.英語長文を速く読む。2.単語・熟語・文法・語法の基礎がしっかり出来ている。3.選択肢を速く切る。この3つが出来ればセンター英語は攻略できると思います。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

センター英語の対策は12月初めからやりました。1日1回分の河合や駿台のマーク式問題集を解いていましたが、基本は2次試験の対策でセンターもカバーしていました。『ターゲット1900』(旺文社)、『Next Stage』(桐原書店)、『速読英熟語』(Z会出版)で先ほどの単語・熟語・文法・語法の基礎をカバーすることが可能になります。

『ターゲット1900』(旺文社)、『Next Stage』(桐原書店)、『速読英熟語』(Z会出版)は日頃から何度も何度も読み返したりして暗記を続けてきました。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

私は第3問にある正誤問題がかなり苦手なので第3問を飛ばして解いていき、最後に第3問を解いていました。時間配分は順に第1問7分、第2問15分、第3問20分、第4問15分、第5問13分、第6問10分で、苦手な第3問に多くの時間を割くために他の問題にかける時間をギリギリまで抑えました。

何度か時間配分を研究しましたがどうやっても全部を見直すには時間が足りなかったので、マークをした後には自分の答えとマークをもう1度確認してから次の問題に進んだり大問1つ終わる毎に解答番号がずれていないか確認したりするようにしていました。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

第1問は発音・アクセント問題ですね。発音対策は、河合塾や駿台のマーク式問題集や過去問題に取り組むだけでした。アクセントは『ターゲット1900』(旺文社)を使って勉強しました。アクセントのアルファベットに蛍光ペンで色を付けて、英単語の勉強中に、同時にアクセントも頭に入れやすいように改良しました。

出てくる単語は同じものが多いので、例外になる発音は問題で出てきたときになんとなくでも覚えるようにするべきです。第2問は『Next Stage』(桐原書店)で文法・語法を対策していました。第2問の4択問題をじっくり悩んでいると、ものすごく時間がとられて後の問題で時間が足りなくなるので、いかに速く解くかがカギだと思います。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

第3問の会話文については、時々決まった表現を聞かれるのでしっかり対策しておくことをおすすめします。私は第2問同様『Next Stage』(桐原書店)で対策しました。要約の問題は、時間がなくても最後の2文くらいを読めば解答がわかる時があります。

第4問はグラフの長文問題と図を見て答える問題がありますね。グラフの長文問題は長文の中にグラフの要素が出てきたら〇や△などでチェックしておくのが良いと思います。図の方は、余計な情報が多く図の中に散りばめられているので、設問を読んでその内容の場所に絞って解答を探すのがオススメです。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

第5問、第6問は両方長文ですが、それぞれ読み方は工夫しました。第5問は物語なので話の流れを理解するために一気に全文読んでその後問題を読んでいました。第6問は段落ごとの設問が多いので、1段落読むごとに問題を解くようにしていました。

第6問の最後に段落ごとの内容を選ぶ問題があります。全部読み終わってからだと全体の内容は押さえられますが、どの段落で何を言っていたかごちゃごちゃになってしまうので、1段落ごとに選択肢を選んでいくのをおすすめします。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

自分の苦手な問題が何かをあぶりだしてその分野の対策をきちんとすれば高得点に繋がると思います。また、苦手な分野を解く時は無理をせず最後にまわしたほうがいいです。苦手分野の問題は時間をかけて解いたとしても確実に点を取れるとは限りません。

それなら、確実に点を取れる問題をしっかり取ったほうがいいと思いませんか?自分にとって1番ベストな順番を見つけて解いてほしいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ