2019年03月28日更新

【センター英語】2017年早稲田大学文学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-26.jpg
年度
2017年(現役)
入学
早稲田大学文学部
合格大学
学習院女子大学国際文化交流学部
同志社大学文学部
立教大学社会学部
明治大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
私立湘南白百合学園高等学校
センター試験
英語 194点 / 国語 187点 / 日本史 98点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は9割以上。明治大学にセンター利用入試で出願をしていたことと、得意科目だったので180点後半は欲しいと思っていました。そのため間違いを極力抑えることが大切だったので、そのために早く解いて、見直しの時間を多くとる作戦に。

速読のためには、「英語を英語で読めるようになる」ということが一番です。英語を日本語に訳す時間がゼロになるのですから。そのために音読を続けました。結果、本番では40分で仕上げることができました。見直しに関しては、大問5や6の配点が6点と大きいので、その2つの大問は特に見直しを心がけていましたね。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

高2の12月にマーク模試の過去問を解くことで傾向に慣れておきました。なぜなら、センター過去問が、20年分くらいしかないので、高3の時までにとっておきたかったからです。

解いた過去問は解答を確認して、文法事項などを間違えている場合は別のノートにその文法事項をメモして、それを次の模試を解く前に見て、忘れないようにしていました。

読解の場合は精読をし、分からない単語などを覚えるようにしました。本格的に始めたのは高3の12月20頃からですね。マーク模試である程度の成績がとれていたので、それまでは私大の方に重点を置いて勉強していました。その日からは、私大とセンターを1日おきに解いていましたね。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

私は問題を解く時は、順番通りに解いていました。時間配分については、大問2までを20分以内に解き切るという制限だけは決めていました。

順番通りに解いていたのは、長文から始めると、まだ頭が外国語を読む「外国語脳」になれない状態で大問5や6のような500〜600字の長文を読むと、文章を読む速度が下がってしまうと思ったからです。

模試の時に、大問6から解いていくより、大問1の発音・アクセントで1語を読み、大問2で短文を読み……とだんだん語数を増やして解いていくほうが、大問4以降の長文を読む時により速く読めたので、本番でもそのように行いました。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

発音・アクセントは授業中に何回も声に出し、家で『頻度順 音でおぼえる発音・アクセント (大学入試即解セミナー) 』(旺文社)のCDを聞いていました。CDを聞いていました。発音やアクセントにはルールが存在するものもあるので、ルールはできるだけ覚えてしまいましょう。

たとえば、[ic,ical]で終わる単語は、その一つ前の母音にアクセントがあるというようなものです。文法は、あまり難しいものは出ないので、センター及びマーク模試の過去問と『Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服』で対策を行いました。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

第3問の不要文削除のコツとしては、ディスコースマーカーや指示語はもちろん、話題にも気をくばることですね。英語は最初に話題を提示してくれることが多いので、その話題を把握することで、どれが不要文かが次第に見えてくるようになりました。不要文削除は比較的新しい問題で過去問が少なかったので、マーク模試の過去問などを活用しました。

第4問Aのグラフ問題は、最初にグラフに表題がついている場合は必ず見ていました。なぜなら、そこからヒントが得られることが多いからです。

また、大問Aは、グラフと本文をすりあわせて解くという問題がかならずあるので、たとえば、本文に「環境保護…15%」と出てきたら、グラフの方を見て、「A…15%」と書いてある下に、「A=環境保護」と書き込んでおく、というようにして、後で見返す手間を減らすようにしていましたね。Bの広告問題は、まず最初に設問を読んで、求められている情報(値段が聞かれているのか、割引の条件が聞かれているのか)などを把握してから、広告の文章を読むという手順を踏みました。

本文で求められていない情報は軽く読み、求められている情報をしっかり読む、というメリハリをつけることで読む速度が上がります。また、コツとしては、広告問題の料金を求めさせる問題では多くの場合ひっかけ問題であることが多いので、まず図表の料金を計算した後すぐに割引条件を探すようにしました。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

どちらの大問も、設問が上から順番に設けられているので設問を1つ解き終わったら次の設問文を読んで、本文に戻る。そして、あとで見直しがしやすいように、本文の該当箇所には下線を引くようにもしていました。

大問6のパラグラフごとの概要をまとめる問題はパラグラフを全て読んだあとに解くと混乱してしまいそうだったので、1パラグラフを読み終えるごとに解いていましたね。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

直前期には、特に発音・アクセントや文法などを見直して欲しいと思います。直前期だと大問5、6はもうある程度固まっていると思うので。大問1、2はそれぞれの配点は2点や3点と低いですが、ミスが重なると総合的な得点にも響いてきますよ。

私は11月の模試で英語の点数が芳しくなく、どこを間違えたのか分析したところ文法を怠けていたので大問2で10点も点数を失っていたということが分かったという経験があります。本番、長文問題は十全の対策をしていたのに、英文法で大量失点してしまった……なんてことがあったら、もったいないです。直前期こそ、怠けがちな大問1や2が完璧になっているか、今一度確かめてみてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ