2019年03月28日更新

【センター英語】2016年上智大学外国語学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-25.jpg
年度
2016年(現役)
入学
上智大学外国語学部
合格大学
法政大学文学部
法政大学グローバル教養学部
明治大学文学部
明治大学国際日本学部
立教大学文学部
立教大学異文化コミュニケーション学部
出身高校
埼玉県立浦和第一女子高校
センター試験
英語 194点 / 国語 180点 / 日本史 84点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

日本史が苦手、かつ国語の得点率にムラがあった私にとって英語は大事な得点源でした。そのため満点の200点を目標として勉強していました。特に読解問題は配点が大きいので、一問間違えるだけで大きな失点となってしまいますよね。そこを落とさないためにスピーディーに精読をすることが大事だと感じていました。

文法問題はイディオムや構文を覚えてしまえば直接得点につながりますが、読解問題は必ずしもそうではありません。文章の難易度や、その時の自分のコンディションによっても得点が変わってしまいます。安定して点数が取れるようになるまで、センターの問題集などから読解問題だけをピックアップして何度も解きました。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

夏休みごろでしたね。私は私大志望でしたが、センター試験は私大の問題と比べると基礎的な問題が多く、難しい単語もあまり多くなかったため私大の過去問を解く前段階として勉強していました。

使用した教材はセンター試験の過去問題集と、河合塾の全統マーク模試です。夏休み中に過去問を一通り解き、問題構成や難易度に慣れました。受験したマーク模試は復習も兼ねて改めて解き直し、間違えた問題を自分のものにできるよう、心がけました。

夏休み以降から12月ごろまではセンター試験の勉強はほとんどしませんでしたね。夏休み以降は私大の問題演習に集中したかったからです。12月の中旬ごろから再びセンター対策を始めました。センター試験本番までの残り1ヶ月ほどは、第4問から第6問までの読解のみをひたすら解き、正答率を上げる練習をメインにしました。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

読解問題に時間を割きたかったので、順番通りに解いていましたね。確実に解答できるはずの文法や整序に使える時間が短くなり、焦りから間違えてしまう。私はそれが怖かったので、順番通りに解いていました。

時間配分としては、第1問(3分)、第2問(10分)、第3問(15分)、第4問〜第6問(各15分以内)、残った時間で自信のない問題の見直しをしていました。また簡単な問題から難しい問題へと段階的に解いていくことになるので、脳を徐々に英語に慣らす面でもよかったと思います。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

第1問の発音アクセント問題はとにかくたくさん解いて練習を積むことですかね。数をこなせばだいたいの感覚はつかめてきます。しかしそれでもわからない問題は消去法で解いていました。

第2問はとにかく文法書を繰り返し読んで、抜けがないようにすることが重要だと感じていました。特に時制問題は頻出なので、できるようになるまで何度も解いて覚えました。時制は苦手だったのでかなり大変でしたね。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

第3問はどちらかというと内容が身近な分、あまり苦労はしなかったです。ただ紛らわしい選択肢が複数あることもあるので、迷った時はしっかり読み込んで選択肢を吟味することが大事です。

第4問はグラフや図の読み取りも関わってくるので、焦らず確実に情報を読み取ることが大切です。文章から読むのではなく、先にグラフや図に目を通しておくことで、何について述べられている文章なのかを把握してから本文を読むようにしていましたね。たくさんの情報をスピーディーに処理できるよう、日頃から繰り返し解いておくことも必要です。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

長文は、制限時間を意識してスピーディーに解くこと、配点が大きいので確実に正解を選べるよう精読することを意識していましたね。解き方の流れとしては、まずは設問と選択肢を読み、何を問われているのかチェック。その後本文にあたり、キーワードとなりそうな単語に注目して読んでいました。

この解き方を確立する前は、長文を一通り読み終えてから設問にあたっていました。しかしはじめの方の段落の内容を忘れてしまっていることが多く、また読み返さなければいけませんでした。ですが、数をこなしているうちにパラグラフリーディングができる問題が多いことに気づきました。

大体1つの段落に多くても2問が割り当てられており、段落を読み終えるごとに順番に解くことができるんです。もちろん全ての問題に当てはまることではありません。段落を読んで答えがわかればそれでラッキー。1段落読んでも答えが導き出せない時はもう1段落読む。これを繰り返しているうちにだんだんと解き方のコツがつかめてくるはずです。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター英語はとにかく問題数が多いので、焦らず確実に正解できるようになるまで演習することが大事だと思います。とにかく文法とイディオムは確実に!これができてこその長文読解です。覚えられないものだけまとめたノートを作るのも1つの手ではないでしょうか?

基礎なくして長文は読めません。頑張ってください!応援しています。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ