2019年03月28日更新

【センター英語】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-25.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は満点でした。その為に『正確性』を最も重視していました。センター英語に関しては時間の圧迫も少なく、比較的落ち着いて解きやすい教科なのですので、むしろ『どれだけ失点を抑えられるか』が問題になってきます。1番の失点ポイントは最初の発音アクセント問題です。(これの攻略は後述します。)

長文に関しては前後の文脈もあり、わからない単語が1、2つあっても乗り越えられますが、発音・アクセント、熟語の問題は知識がないと太刀打ちできません。センターが苦手な人はもちろん、普段から高得点が取れる人でも第一問、第二問は差がつくポイントになりがちです。

しかし、第一問、第二問は出題の形式が変わらないので、比較的対策のしやすい問題でもあります。その対策のしやすさゆえ、失点を抑えることを最も重要視していました。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

センター本試験の過去問は河合塾の黒本を使って1年生の三学期から始めたと思います。合計で15年分くらい解いたかと思います。

ただし過去問にそんなに時間をかけてはおらず、2次試験を受けるつもりの人は、センター英語で出てくる英文は短く平易なことが多いため、ボリュームがあって長い英文が多い2次試験の英語の対策が、同時にセンター試験対策になるのであまり心配はいらないと思います。しかし、センターは何より形から入りますから、形式慣れは必要です。したがって、最終的に15年分ほどは解いておくことをオススメします。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

時間配分は第1問が約5分、第2問が約10分、第3問も約10分で第1問から第3問で20分から25分が目安です。同じく第4問は約10分、第5問、第6問は15分で第4問から第6問は35分から40分くらいで解き終わるのが理想でしょう。

解く順番は第1問から順に解きます。これは私の体験談なのですが、第1問から順に解いたときと第6問からも逆に解いた時の感覚の違いを列挙しておきます。

第1問から解いた時のメリットは、最初が簡単に感じられるので、第1問あたりが良いウォーミングアップになって後の長文に入りやすいという点と解答用紙の解答番号がずれにくい点です。デメリットは、メリットとは反して後に長文を持ってくることが負担が大きいように感じやすいことです。

第6問から反対に解いた時のメリットは元気なうちに長文を解くので後々が楽なように見えることと、長文から解くために時間配分の調節がしやすいことです。デメリットは解答用紙を間違えやすいことと、案外楽に見えて最初の長文でかなり疲労して小問すら億劫になってしまいやすいことです。

私は本番は前者のやり方で解きました。後者は模試のときに実践しましたが、テスト前半で疲れてしまい、終わりが見えないほどヘトヘトになったのでオススメはしません。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

第1問は発音・アクセント問題、第2問は熟語の問題です。ここでの解き方などは特になく、発音・アクセントに関しては単語帳やそれ専用のテキストでとにかく量をこなすこと。実際に問題を解いていて、知らないものを見つけたら、メモをするなりして漏れをなくすこと、これに尽きると思います。

また、熟語・文法の問題も専用のテキストでほぼ満点は狙えると思います。暗記部分の問題は5分未満で済ませられるように訓練をしておくべきでしょう。ここは試験本番で迷ってもしょうがない部類の問題なので、事前にしっかりと準備しておきましょう。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

第3問はA会話の定型表現問題、B不必要な文の指摘、C前の会話のイイタイコトを選ぶ問題です(2017)。

Aの会話の定型表現問題は、事前準備も可能ですが本番で何が出るか予想不可能でもありますし、会話自体が理解できれば難しくないので、特に演習は必要ないと思います。

Bの不要文指摘は、少し練習が必要です。文を読んでいて明らかに趣旨とずれているものを選べば良いのですが、1文目が正解の可能性もありますので、この手の問題は一度本文全体を見渡して趣旨と合わないものを指摘しないと正解になかなかたどり着きにくい問題なので、演習を重ねてください。

Cの会話の言いたいことを選ぶ問題は、前の会話に答えが全て含まれているので、本文をちゃんと読めれば特に苦労はしないと思います。

第4問は、Aグラフを含む文章並びにBウェブサイト等の宣伝を読解することを求めてきます。

Aのグラフを含む問題に関しては、全体の流れを掴むのはそんなに難しくはなく、グラフの空欄補充問題も文章中で説明がありますので、特に問題はないと思います。ただし、最後の段落に続きそうなトピックはどれかを選ばせる第4問Aの最後の問題は、その最終段落の内容に重点をおきつつ文章全体の言いたいことを掴む必要があるため、答えを的確に選ぶためにはどこに力点を置いて答えれば良いかを練習しましょう。

Bの広告の問題は情報が少ない上に、カテゴリーで分類されていることも多いので、解答は楽だとは思いますが、時々出て厄介なのは計算問題です。例えば、遊園地に家族で行った時の合計の料金を、家族割なども考慮しながら計算しなけばならないようなケースです。

この手の問題は必要な問題が文中に散らばっていることも多いので、本文から必要な情報を漏れなく拾い上げる力が必要になってきます。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

第5問は物語、第6問は評論(変わることもあります)が出題され、共にセンターの中では比較的長い長文が出題されます。ここでのコツは『長文内に必ず正解を導くkeywordがあるから、それを探し出して回答せよ。』です。

センター英語は段落ごとに問が設定されている場合が多いので、段落内でkeywordがあるはずです。それを踏まえて回答すれば正答が選べるだけでなく、かなりの時間短縮になるでしょう。

段落のまとめのような問題が最後に出ますが、それもそれまでの問題のまとめでしかないので、紛らわしいダミーも存在しますが、とりあえず二択に絞ってあとは本文に戻って間違いの選択肢のキズを見つける作業に徹してください。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

私は80分もある試験をだいたい60分で解くように書いてきましたが、それにはれっきとした理由があって、残り時間は見直しの時間としてフルに使って欲しいからです。

英語はある程度得点しやすい教科であるがゆえにまさに『点を落とせない試験』です。現に私は本試験で満点を確信したものの1つ間違っていました。それが防げたミスかはわかりませんが、過信せずにミスを探し続けていたら結果は違っていたかもしれません。

ここから受験生のみなさんに実践して欲しいのは、まず解答スピードをあげること。次に見直しをきっちり行う習慣をつけること。問題の形式が変わる可能性もありますが、そういう時こそ冷静に正解だと思っていた問題で失点することのないように…みなさんの健闘を祈っています。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ