2019年03月28日更新

【センター英語】2017年慶應義塾大学商学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-25.jpg
年度
2017年(現役)
入学
慶應義塾大学商学部
出身高校
国立お茶の水女子大学附属高校
センター試験
英語 180点 / 数I・A 85点 / 数II・B 85点 / 国語 165点 / 日本史 90点 / 地理 85点 / 化学基礎 35点 / 地学基礎 35点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

英語は得意教科で模試でも安定して9割をとれていたため、目標は190点でした。そのためには大問1の発音アクセントで2問ミスに抑え、大問2の文法で間違えないことが不可欠と考えました。

センター試験の英語長文問題は、2次験対策で3年生の夏休みから早慶の過去問を解いていたため、あまり気にしていませんでした。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

英単語帳はセンター~GMARCHレベルの『DB4500』、早慶上智以上レベルのDB5500』の2冊を併用し、高校1年生~3年生の受験終わりまで使っていました。そのため、基本語句は理解できており、センターの英語長文は得意でした。

しかし、1・2年生の頃の週5で運動部(部長)と軽音部を兼部して疲れていた私にとって単語帳は「眠りの書」。 通学時間に勉強しようとしていたのに気づいたら寝ている…なんてこともしばしば。寝てしまうのはしょうがない!というわけで、英単語のモチベーションをあげるために、見た目重視の私は英単語帳のブックカバーをおしゃれなものに張り替えました。

例えばスタバの紙袋や100均のかわいい包装紙を切ってブックカバーにする。 見た目がおしゃれだと、友達に見せびらかしたくなりませんか? 私はこの方法で「空き時間に英単語帳を出す」癖がつきました。笑 

単語力は着々と上がっていたものの、 高校1年生の春の全国統一センター模試で私は185点をとり英語の勉強にたいするモチベーションを失なったこと、さらに学校の英語の先生が嫌いすぎて3年間、週5時間の英語の授業時間に日本史を勉強しつづけたことが原因となり、2年生時には英語の成績は同じ模試で176点にさがってしまいました。

特に私がセンター模試で点数を下げる原因となったのは発音、文法問題。単語しか勉強してこなかった私にとって熟語は理解不能。英語の点数が伸び悩み、やっと3年生の春になってからセンター対策のために英熟語の勉強をはじめました。

使った問題集は『全解説頻出英熟語問題』。左に問題、右に解説が載っており、とても見やすいレイアウトです。 毎日50問、3年生の春~夏休み前まで解きました。これらの対策を通して、東進の秋のセンター模試では英語で満点をとれました。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

大問1から大問6にかけ内容が難しくなっていくため、簡単な大問1の発音問題から最後の長文問題へと大問の順番通りに解きました。80分の内45分ですべてを終わらせ、残りの35分で長文問題の大問4~6を解きなおす。

長文問題は配点が1問6点と高得点。しかも問題文を読めば必ず点数が取れるはずなので、見直しには時間を割きました。それでも最後に時間が余った場合には大問2の文法問題の見直しに時間を割きました。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

大問1は発音・アクセント。これはセンター2週間前に『短期で攻める再頻出問題発音アクセント300』のセンター対策部分のみを丸暗記しました。頻出問題集に載っている頻出問題は本当によくでる!

実際私自身もセンター前日に見た問題がでて自信満々に解答しましたね笑 大問2は文法問題。これは上で書いた通り『全解説頻出英熟語問題』を毎日50問ずつ3年生の春から夏休み前まで解きました。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

私は1・2年生の頃、欠落文を補充する形式の大問3が苦手でした。当時私は英文は英文のまま、和訳せずに理解し解いていたのですが、それでは大問3の文脈を把握しきれず適切な文を入れることができませんでした。

そこで大問3に関してのみ問題文の英語を全訳して理解する方法に変更しました。大問3は英文が短いため、和訳の時間ロスはそこまで気になりません。

結果正答率をほぼ100%に上げることができました。問3が解けない人は、英文の文脈把握が曖昧なのかもしれません。わからない箇所のみ和訳する方法は他の英語長文問題でも応用可能ですので、ぜひ試してみてください。

大問4はa)文章とグラフを見て答える問題とb)広告問題。(以下a)、b)と略) a)は問題文を最初に読み、その後英文を読む中で設問の該当箇所のトピックに話が変わったら、また設問を読み直して解答しました。

センター英語の設問は英文中にトピックが出る順に関連する設問が設置されています。ですから英文を読みながら設問を解くことで内容を覚えているうちに解答できるため、後で英文を読み直す無駄な時間を省けます。

b)は設問を読み各設問ごとに設問内容に関連する単語を、広告文をバーっと流し見して探し、その周辺を細かく読んで解答していました。また広告には小見出しがつけられているので、小見出しを読んで内容を予測してから設問に該当しそうな箇所を詳しく読んで解答することで、時短が可能です。

大問3・4はセンター特有の形式の問題のため、過去問の回数を積むごとに形式に慣れて正答率が上がる面もあります。前述した解き方は私が過去問を解く中で確立していった、あくまで「私」独自の解き方。ですから参考までに試し、うまくいかない場合は過去問を解く中でまた別の自分なりの解き方を発見していってください。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

大問5・6に関しては「センター試験」のための対策というよりは「私立入試に向けて」の勉強をすることが結果的に対策となっていました。

2年生から使っていた問題集は河合の『やっておきたい英語長文』シリーズ。レベル別に分かれていて少しずつレベルアップしながら勉強できるのが利点。かかる時間は問題1つにつき40~60分程度。しかも様々な大学の過去問を解くことができ、問題に対する対応力がつきました。

3年生になってからはGMARCHの過去問を学部関係なく週3回解く。夏休み中は毎日早慶上智の過去問を、これもまた学部関係なく毎日解きました。早慶上智以上は長文の内容も難しく制限時間も長い。

毎日1学部解くには、本当に気力と体力が必要でした。しかし、英語の授業が嫌いで学校で全く勉強してこなかった私は、3年の夏にして英語の長文問題が壊滅的。「焦り」から生まれたやる気+部活で培ったパワーで乗り切りました。汗 

毎日、本当につらかった…のですが英語力はかなり上がり、模試の結果でもそれを実感できるほどでした。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

1. 長文は、センターレベルの問題を解けるようになることを目標とせず、「センターより上のレベル(例えばGMARCH)を解けるようにすること」を目標にして勉強の対策を立てるべし!ひとつ上のレベルの長文を解くことができるようになることで、センターレベルの問題に余裕をもって挑むことができます。

2. 文法問題を夏までに完成させておくべし!単語と文法は英語の基本。ここが不安定では長文を読むことが難しくなりますし、ほかの受験生にとっては点取り問題でもあるため、文法問題で失点はしたくないですよね。

3. 最後に…英語は毎日読むことで力が維持されます。逆に言えば、読まなければどんどん単語を忘れていく。(受験が終わって2ヶ月の私が今まさに痛感しています)3年生は長期休みを利用して毎日長文問題を解いてほしい。1・2年生は簡単な長文問題と英単語の完成に時間を割いてください。3年生になって、実は英単語が完成しておらず長文問題で得点が伸びないことがよくあるので。

もし英語に対して何か目標が持てないのであれば、英検準2級に挑戦するのもOK!英語は日々の努力が出やすい科目です。最後の最後まであきらめず、勉強し続けてください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ