2019年03月28日更新

2016年一橋大学社会学部合格者の配点・合格最低点超えの戦略

the-study.jp_2019-03-28_12-53-24.jpg
年度
2016年(現役)
入学
一橋大学社会学部
合格大学
慶應義塾大学文学部
出身高校
東京都私立頌栄女子学院高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 76点 / 数II・B 72点 / 国語 152点 / 世界史 96点 / 倫理・政治経済 76点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 50点

初めて全教科の過去問を解いたのはいつですか?また合格最低点を越えることができましたか?

一橋の二次試験は英語、国語、世界史、数学の四科目あり、それぞれの配点が学部によって大きく違います。社会学部の英語は280点、国語は180点、世界史は230点、数学は130点なので配点の高い科目を重点的にやっていこうと決めました。

最初に解いたのは高3の3月頃に解いた世界史の過去問で、衝撃を受けるほどに難しく添削してもらったら四割くらいだったと思います。そこで四百字の記述を3本書くのに必要な知識が足りないことと傾向をつかみながら対策していかないといけないなと感じました。

次に春に解いた数学で2割と少しでした。数学は元々できないと思っていたし、難しいとわかっていたのに問題の意味もわからず手もつけられない問題が多々あったのでただただ、基礎を見直していかないといけないなと思いました。

英語は夏前に解きました。英語はリスニングも含めて7割くらい解けて、英作文に関しては添削結果で4割ほどだったので個別にたくさん解いていかないといけないなと思いました。

国語は夏休みに解いて全体で5割くらいで、第3問の要約の添削は半分以下だったのでそこに関しては個別の対策が必要だと思いました。

初めて解いた時には合格点には届いていませんでした。

一橋の過去問はどの科目も記述重視なので、添削を頼める先生を見つけようと思いました。また配点を考えてみると、英語と世界史を7割、数学はあと1問きちんと解けるように、国語は第2問の近代文語文と第3問の要約対策をしっかりやって6割とろう思いました。

過去問を解いてみると各科目たりない分野が見つかるので早めに解くことをお勧めします。

直前期合格最低点を超えるようになりましたか?直前期に各教科何割程度とれていたのか、またどのような対策が合格最低点超えにつながったと思いますか?

結論から言うと、過去問を初めて解いた時に立てた目標点よりはるかに上に行けるようになりました。10月に入る頃には合格点を取れるようになり、一橋プレ模試でA判定を取ることができました。

まず世界史は春頃から自分が習った範囲で出来る過去問を解いては添削、解いては添削を繰り返して行くうちに四百字を書くことに慣れていきました。また、出題範囲に偏りがあるため、それがわかってからその範囲に集中して知識を重点的に入れて行くことで解けるようになっていきました。

一橋の世界史の論述を初めから解答のように書くことはできません。なので、解説を読んで、その後にその問題について自分で調べて自分の言葉で書き直すことがいい練習になります。書き直しも、添削してもらっていました。

英語は過去問をたくさん解きまくるのではなくて、解いた過去問をじっくり一文一文復習をしました。多分過去問に出てくる長文は100回以上は黙読したと思います。過去問を解きっぱなしなんてモッタイナイ!!

復習していくと、「あれ、これ、3年前のあの問題と似てるな!」とか、「前は文法問題で出ていたのに長文で出てきたな」とかわかるようになってきます。そうなってきた時には初見でほとんど長文問題は、間違えなくなっていました。

国語は、第2問の近代文語文の問題をたくさん解いて何回も復習して、時には音読していました。この問題は一橋特有のものなので過去問で対策するのが一番いいです。第3問の要約もたくさん添削をしてもらって10月には10年分くらい添削してもらっていました。

数学は夏休みの分野別の対策で、整数・確率・ベクトル・数列は完璧にしたので、過去問もその分野からなら対応できるようになっていました。

一橋は、特に出題範囲が偏っていたり特徴的なので過去問を解くことをお勧めします。また、その復習を怠らないことと、添削をしてもらえる環境を作ることが大切です。

Sponsored Links

この学部の配点・自分の得意科目・不得意科目・各教科の難易度を考慮した上での特点戦略を教えてください。

社会学部の配点は、センターの圧縮点180点と二次試験の英語280点、世界史230点、国語180点、数学130点の820点を合わせた1000点です。そのうち600点あれば確実に合格できます。なので、600点を取ろうと決めました。

私は英語、世界史、国語は得意な方で、数学は特に苦手なので、数学には期待せず、その3科目で点数を稼ぐことにしました。

まず、センター合計8割以上は確実に取ること(それで150点分)を決めました。

二次試験では、英語と世界史を足すと510点で、それぞれで7割(350点分)国語は五割(90点分)をとる。ここまでを足すともうすでに590点になってます。なので、数学は1問解ければ、できることなら2問解けるようにしよう(1問22点として、22点が44点分)と決めました。

このように点数を決めたので、本番での不安はまず、センター試験で8割いかないことでした。なので、私立併願校対策は、センター試験の後にしようと決めて一橋プレ模試が終わってすぐの10月後半からセンター試験に絞って対策しました。

二次試験では英語と世界史が失敗したら、合格最低点に行かないなと考えていました。

この学部の合格最低点を越えるために合格したからこそ言える総合的なアドバイスをお願いします。

過去問を解いてみあ後の出来具合と合格最低点を考えて個別に目標点を設定するのはすごく良い戦略です。具体的に点数として出してみると自分の到達点が明確になって、勉強にもやる気が出るし、そんなに遠い目標でもないなと思えます。

年度によって合格最低点は、多少の誤差があると思うのですが、過去7年間くらいをみて一番高い時プラス15点くらいに設定することがコツ!!

一橋の過去問は特に英作文、世界史や国語の要約問題は自分で点数をつけるのは難しいし、どうしても甘くなってしまうので信頼できる先生に添削してもらうことが大切です。記述問題は相手に伝わるようにかけているかというのも重要なので、自分の回答が客観的にみてどう評価されるのを確認した方が良いです。

また、時間内に終わらなかった問題は、時間内に解けなかったとわかるようにして時間に関わらず解ききることも重要です。特に数学は自分で解けた方が絶対に良いのでできる限り考えることが大切ですね。

合格最低点を初めから超えるのは難しいし、徐々に点数は伸びていくものなので、できなかったところはしっかりと復習して過去問を無駄にしないようにしましょう!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ