2019年03月28日更新

2017年早稲田大学文学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-53-23.jpg
年度
2017年(現役)
入学
早稲田大学文学部
合格大学
学習院女子大学国際文化交流学部
同志社大学文学部
立教大学社会学部
明治大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
私立湘南白百合学園高等学校
センター試験
英語 194点 / 国語 187点 / 日本史 98点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

受験校を決定するにあたり、大切にしたことは大学で勉強したいことができる学部を選ぶこと、早稲田大学文学部に合格できるようにスケジュールを組むことです。

受験したいと思える大学・学部でないと受験勉強のモチベーションが上がらないと思ったので、大学で日本史・もしくはメディア関係が研究できる学部を選択しました。
早稲田大学は試験日程が遅かったので、それまでに疲れをためないために、連続受験を行わないようにしました。

受験はとてもハードです。試験会場へ向かうために電車へ長い時間揺られることや、周囲の受験生の気迫や自分がこの大学に合格したいという思いが積み重なっていき、とてもストレスが溜まります。試験を連続で受ける体力が私にはなかったので、連続受験はしませんでした。

迷った結果受けなかった学部は、立教大学文学部です。志望順位としては高かったのですが、翌日に第二志望の早稲田大学文化構想学部の受験を控えていたので、受験しませんでした。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

早稲田大学の文学部と文化構想学部はここ5年くらいの過去問の出来から合格できそうだなと思っていました。逆に、早稲田大学の教育学部と中央大学の文学部は国語の正答率が50%だったので、厳しいかもしれないと思っていました。

どの大学も英語と日本史は早く80%に乗ることができたのですが、国語が最後まで足を引っ張ってしまっていました。いつも国語は良くても75%くらいでしたね。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

早稲田大学の受験スケジュール的に、2月14日の立教大学社会学部から、第一志望の2月17日の文学部まで3日間の空きがありました。第一志望の前にたくさん勉強できるようにしておこう、とスケジュールを組んでいたのですが、実際受験してみると、3日間はとても長く感じました。特に第一志望の前はメンタルが弱っていたので、泣き言ばかり吐いていましたね。

もう一つ。このスケジュールをこなしてみて分かったことは、「第一志望の後はモチベーションがとても下がる」ということです。17日の文学部の後、19日に第三志望の教育学部の入試があったのですが、18日はほとんど勉強する気がおきませんでした。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

12日の文化構想学部から、19日に教育学部で受験が終わるまでの一週間が感情的にとても厳しかったですね。

12日の入試で英語がうまくいかず、自暴自棄になって自己採点をしてしまいました。結果、英語は75%を目標にしていたのに62%と判明。文化構想学部が2月20日と早稲田大学では一番早く合格発表が出るので、なんとしても合格したかった私は精神的にまいってしまいました。感情的にならないためにも、絶対に自己採点をしてはいけません。自己採点は合格が分かった後にしましょう。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

私のように文学部と文化構想学部を併願して受験する人も多いと思いますが、実は入試期間が12日と17日と5日あいています。連続受験は危険ですが、逆に5日も空くと気が抜けてしまうと思うので、早稲田の他の学部や他大学などの入試を受けることをおすすめします。例えば、私は14日に文化構想学部と同じ系統の立教大学社会学部メディア社会学科を受験しました。

それでも残りの3日間はとても長く感じたので、体力との相談にもなりますが、第一志望の前の二日前には1つ入試を受けた方がいいと思います。

入試期間中に一番大切なことは、とにかく精神を安定させるということです。精神が安定していないと、いつもなら正解できるはずの問題も間違えてしまう、ということが多くなります。試験期間中には絶対に自己採点はしないようにしましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ