2019年03月28日更新

2017年東京大学文科三類合格者の英語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-23.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科三類
合格大学
立教大学法学部
慶應義塾大学商学部
早稲田大学文学部
早稲田大学法学部
出身高校
埼玉県私立本庄東高等学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 97点 / 数II・B 88点 / 国語 161点 / 世界史 97点 / 地理 82点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 44点

東大英語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

1(A)で10点満点中5点
大問1(B)で10点満点中6点
大問2(A)で15点満点中8点
大問2(B)で15点満点中8点
大問3(A)(B)(C)で30点満点中26点
大問4(A)で5点満点中3点
大問4(B)で15点満点中8点
大問5で20点満点中10点
合計120点満点中74点を目標点としました。

私は文章を読むスピードが遅かったので、長文読解にはあまり時間をかけずに、分かるものだけ解いて、残りの分からない問題は適当に埋めていました。なぜなら、2次試験の記述問題は、白紙で出すよりも何かしら書いた方が得点に繋がるからです。その分、リスニングで得点出来るように、リスニングの目標点を高くしました。

目標達成のためには、分からなくてもとにかく埋めること、文章を読むスピードを出来るだけ速くすること、リスニングで落とさないことが重要だと思いました。確かに長文で時間をかけて確実に得点したいという人もいるかもしれません。しかし、私の経験談ですと、難しい問題に詰まってしまい、結局時間オーバーになってしまうことが多かったので、時間内で解くことを最優先にしました。時間内に終わるのであればじっくり読んでも構いません。

本格的に東大英語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

高3の夏休みからです。東進の過去問添削講座を利用して、過去問を10年分解き、添削してもらいました。冬休みに『東大の英語25カ年』を利用して、さらに4年分、合計14年分解きました。東大では英語は120/440とウエイトの大きい科目なので、最低でも10年分を解いて、問題の形式に慣れる必要があると思います。

Sponsored Links

1(A)要約問題の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

『東大の英語25カ年』(吉倉 聡 著・教学社) を使用しました。入試問題の一番の研究材料は、やはり過去問です。

まず自分で要約を書いてみて、答えと照らし合わせ、文章中のどの要素を解答に含めれば良いのかを確認しました。時間がなければ、本文の模範解答と対応する部分に線を引いて確認するだけでも構いません。とにかく要約は本文中の要素を適切にピックアップする思考の型を身につけることが重要なのです。

2(A)(B)自由英作文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

同じく『東大の英語25カ年』を使用しました。色々な問題のパターンに触れることによって、本番でも落ち着いて解けるようにしたかったからです。

その際、必ず学校の先生や塾の先生に添削してもらいました。添削を受けることで、自分が今まで気づかなかったミスや、英作文を書く上での暗黙のルールを知ることが出来ます。例えば、意見を述べる時には、自分の思っていることを書くのだから、I think〜から文を始める必要はない、というようなものです。

3(A)(B)(C)リスニングの対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

学校で配られたリスニングのプリントや、東進の過去問演習講座の中のリスニング問題を使用していました。

その際、印刷されている問題文に線を引きました。また、一通り解き終わった後で、解説中の放送文の文字起こしを読んでいました。こうすることによって、放送文のどこを聞き取れば良いのか分かりやすくなります。

他には、NHKの『ニュースで英会話』という番組を見て、ネイティヴスピーカーのような東大リスニングの速いスピードに慣れるようにしていました。

4(B)英文和訳の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東進の過去問添削講座と『東大の英語25カ年』を使用しました。

英文和訳もまた、自分の答案を学校の先生や塾の先生に添削してもらうのが良いでしょう。添削を受けることによって、英作文同様自分では分かりにくいミスに気づくことが出来ます。

また、模範解答を見て、例えば、「because of lack of food」を「食料が不足しているので」とするように、長い体言を用言化するような、和訳のパターンを身につけていました。東大の問題はパターン化されているので、それをおさえていれば、ある程度は得点出来ます。

5総合問題の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

これもまた東進の過去問演習講座と『東大の英語25カ年分』を使用しました。

読解重視の総合問題は設問の文章が長いので、120分というタイトな時間の中で完璧に解くのは至難の業です。そこで、問題文を先に読むことをお勧めします。設問を頭に入れながら読むことで、読解の強弱がつき、スピードアップして読むことが出来ます。

東大英語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

解き直し専用のノートを作ることです。設問ごとにページを分け、左ページに問題のコピーを貼り、右ページに自分の答案・模範解答・間違えた理由・解説を書き込みました。

ここで重要なのが、自分が間違えた理由をしっかり書くことです。こうすることによって、自分のミスのパターンが分かり、次の年度の問題を解く時に、同じミスをすることを防ぐことが出来ます。

東大英語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

先述の解き直しノートを本番前に見返すことは、やった方が良いと思います。やはり類題が出題された時に同じミスをすることを防ぐことが出来るからです。また、今までの努力が目に見える形で分かるので、本番前に自信をつけることが出来ます。

やらなくてよかったと後悔していることは、東大模試の過去問を解くことです。東大模試は本番よりもレベルが高く、解説も不十分なことがしばしばあります。無理に難問に手を出すよりは、本番の難易度と同じ赤本で解いた方が良いのです。

最後に合格したからこそ言える東大英語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大英語はとにかく時間との戦いです。文章量も多く、読解でかなり時間を使ってしまうという人もいるでしょう。だからこそ、設問に必要なところを熟読して、あとは流し読みするなどの読解のスピードを上げる工夫と、リスニングで落とさない英語力が必要です。英語はウエイトの大きい科目なので、得点出来るところは確実に得点していきましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ