2019年03月28日更新

2016年東京大学文科一類合格者の配点・合格最低点超えの戦略

the-study.jp_2019-03-28_12-53-22.jpg
年度
2016年(現役)
入学
東京大学文科一類
出身高校
兵庫県私立白陵高校
センター試験
英語 192点 / 数I・A 91点 / 数II・B 100点 / 国語 190点 / 日本史 94点 / 世界史 91点

初めて全教科の過去問を解いたのはいつですか?また合格最低点を越えることができましたか?

全教科の過去問を通しで解いたことはなかったので、強いて言えば夏の冠模試が最初になると思います。国語3割、数学3割、英語6割、日本史1割、世界史1割の燦々たる結果でした。それまで全く過去問に手をつけたことがなく、社会科目も全体の暗記量の4分の1ほどしか頭に入っていなかったため、全く歯が立たず一周回って爽快でした。

勉強していてこの結果だったらきっと志望校を変えていたと思います。しかし部活に時間を割いていて勉強が足りていない自覚はあったので、それほど不安に駆られることもなく、冠模試を受ける前から立てていた計画通りに勉強を進めました。どんな計画かというと、夏休み中に、英語は文法書2冊を一周ずつする、数学は神戸大学の過去問を1日2題解く、国語はセンター試験の過去問を1日1題解く、日本史は山川の書きこみ教科書を一周・一問一答を一周、世界史は教科書をかみ砕いたような参考書を読んで流れをつかみ、一問一答の問題集2冊を一周ずつ解くというもの。

達成できるよう、問題集のページ数を日数で割り算し、1日のノルマとしていました。この量の自習学習は授業のない夏休みにしかできないことだと思っていたので、多少きつくても盛り込みましたね。その日中に終わらなかった分は翌日に持ち越して、夏休みが終わるまでにはすべて終わるようにしました。

直前期合格最低点を超えるようになりましたか?直前期に各教科何割程度とれていたのか、またどのような対策が合格最低点超えにつながったと思いますか?

あまり合格最低点を意識したことはなく、各科目何割程度取ろうという意識で勉強していました。目標は国語6割、数学5割、英語8割、日本史・世界史7割。1月後半になると国語・数学・英語は2、3回に1回目標点を超えるようになりましたが、結局二次試験直前まで日本史・世界史で超えることはありませんでした。

夏以降出遅れていた社会科目に重きを置いて勉強してきていたので、これだけやって点が伸びないのであれば、ほかの科目の点数をもっと伸ばす方がいいだろうと考え、2月に入ってからは国語、特に現代文と数学をメインにした勉強スタイルに。

現代文も数学も過去問を一題解いては添削してもらいに先生のところに通い、ほぼマンツーマンの状態で見てもらっていました。このやり方が良かったのか、ともに1割ずつほどは点数が伸びたと思います。

Sponsored Links

この学部の配点・自分の得意科目・不得意科目・各教科の難易度を考慮した上での特点戦略を教えてください。

東大の受験問題は文系全体で共通で、英語120点、数学80点、国語120点、社会1科目60点で2科目あるので120点。目標点数は英語100点、数学は40点、国語60点、社会で合わせて80点でした。学校の先生に数学はコケる可能性が高いから、数学で点を取ろうとは考えずに、英語と社会で手堅く点を取れと言われていましたが、何しろ社会の点数が伸びず、60点程度しか取れないままだったので、足りない20点分を数学・国語で稼ごうという作戦に変えました。

数学は毎年4題出題されるうち、1題は取れて当然、1題は絶対取れない難問、残り2題は分かったら解ける、ひっかかったら解けないという出題形式だと言われています。なのでその2題でできるだけ部分点を取ろうと考えました。

部分点を稼ぐためには、問題を解く際の最初の方針を間違えるわけにはいかないので、何度も何度も先生に質問しに行って、自分の立てた方針のどこが間違っているのかを確認し、修正していきました。逆に基本の考え方さえあっていれば、計算ミスなどのケアレスミスは大きな減点にならないと聞いていたので、細かいところはあまり意識していませんでした。

この学部の合格最低点を越えるために合格したからこそ言える総合的なアドバイスをお願いします。

合格最低点を意識することはそこまで重要ではないと思います。2次試験の点数配分は大学側が公表していないですし、どんな採点基準で点数をつけているかもわかりません。なので点数に対して過敏になるのではなく、ざっくり何割ぐらいできたかなという心持ちでいいと思います。

採点もしようがないので、各科目の先生に任せるのがいいでしょう。先生方は何十年も受験に携わってきたプロです。予備校の模試の採点は基本的に辛口すぎてあまり頼りになりませんし、先生に添削してもらってつけてもらった点数が一番信頼できると思います。

冠模試などで最低点を超えないときは、予備校の採点なんてあてにならない!と気にしないのが一番です。私の周りにも模試の点数にメンタルが左右されて勉強に集中できなくなっている友達が何人もいました。

それを引きずったままだと2次試験への不安がどんどん膨らんで、本番頭が真っ白に…なんてことになってしまいます。そんなことで志望校に受からないなんてもったいなすぎます。模試や点数のことなんて気にしないという姿勢が一番ですよ!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ