2019年03月28日更新

2016年慶應義塾大学薬学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-53-22.jpg
年度
2016年(現役)
入学
慶應義塾大学薬学部
出身高校
群馬県立高崎女子高校
センター試験
英語 169点 / 数I・A 75点 / 数II・B 71点 / 国語 168点 / 化学 79点 / 物理 38点 / 地理 75点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試の直前には国語は古文単語の確認、数学は定期テストや以前の模試の直しノートの復習、地理は自分でまとめたノートと資料集を読む、物理は公式の確認などをしてましたね。

復習は自己採点をした後に各教科ごとに模試直しノートを作って、間違えた問題や迷った問題を解きなおしていました。

できなかった問題をできるようにすることが大切。地理などの間違えた知識問題をノートにまとめて暗記することは好きでした。

しかし私は物理や数学の全くできなかった問題をなおすことが嫌いで、どうせできないと思って逃げてしまっていました。今思えばただ回答と途中式を写して理解できないまま放っておいてしまうことが多かったなと反省。

後でやろうと思わず、間違えた問題は今すぐ理解しようと努力することが成功に繋がると思います。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

私は自分で物理選択にしたにもかかわらず、とにかく物理が苦手で、定期テストはできても模試は全くできないという状況が続きました。勉強しても模試の点は上がらないし、それゆえにどんどん物理嫌いに。

英・国・数だけの模試では志望校の判定がB~Cでまだ希望を感じていたが、理・社が入ってからは物理が足を引っ張ってE判定ばかり。Eが続くのは落ち込みましたね。

私は潔く諦めてその当時の志望校は変更してしまいましたが、E判定から合格した友達も多いので、自分にとってどうしても譲れない大学だったら諦めずに苦手教科克服に取り組んでください。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

私は今思えば悪い意味で楽観的だったと思います。結果がよかったときは喜んで、悪かったときは今回はたまたまできなかったなと考えていました。

たまたま悪かったなんて思っていると、2年生頃までは校内順位が1桁で得意だった数学も、最終的には点が伸び悩む教科に。

たまたまなんて思わずにきちんと反省して何が足りなかったか考え、不足しているところを補うように勉強していくべきだったと思います。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

数学が得意だった頃は記述模試の偏差値のほうが高かった印象ですね。記述模試は平均点がセンターマーク模試よりも低いため、高い偏差値が出やすかったのだと思います。

国語は逆にセンターマーク模試の偏差値が高く、記述では全く歯が立たない感じでした。選択肢から選ぶことはできても、指定された字数以内でまとめることが苦手だったため、記述ではなかなか得点が取れずに苦戦。

その他の教科はあまり差がなかったように思います。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

私は最終的に指定校推薦だったため何とも言えませんが、模試の判定が悪いからと言って諦める必要はないと思います。私の友達で結構いるのが、E判定だったけど受かった子。

挑戦校で受かったらラッキーくらいの勢いで受けて受かったという話をよく聞きます。きっとたくさんの努力があっての結果だと思いますが、模試の判定が悪くても落ち込まずに次に向けて頑張りましょう。

間違えた問題はすぐに直すといいと思います。次に似たような問題が出たら絶対に解けるようになるぞ!って気持ちで。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ