2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-53-20.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

私は第一志望の東京大学の入試に集中したかったので、あまり私立大学は受験したくないなと考えていました。特に現役時は時間もなかったので私大の個別試験対策をする余裕などないと非常に焦っていた記憶があります。

また個人的な事情ですが、地方に住んでいたため私大の個別試験を受験するとなると何度も東京を往復するか2週間以上東京に滞在することになります。時間も食われますし慣れない環境では勉強にも集中できないと思っていました。

そのため私大、特にセンター利用のない慶應の個別試験の併願で迷ったものの、結局は早稲田大学のセンター利用1本で出願しようと決心。

センターでは9割越えを目標にしていたので85%がボーダーとなる国際政治学部と93%がボーダーとなる社会科学部の2つに出願しましたね。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

第一志望の東大は現役時には過去問を解くと半々くらいの割合で合格最低点を上回れていたので、不安はあったものの絶対に大丈夫だと自分を奮い立たせていた記憶があります。

センターの過去問や模試の点数も概ね800点前後で安定していたので、早稲田の社会科学部は難しくとも国際教養学部はなんとかなるだろうと思っていましたね。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

私は併願はセンター利用しか受験していませんが合否発表の際には少し緊張しました。特にセンター利用は、センターの自己採点をした段階である程度合否はわかっているのですが、それでもいざ結果がわかると合格であれば嬉しかったですし、不合格だと悲しかったです。

現役時には早稲田の社会科学部と国際教養学部に出願し、前者は不合格、後者は合格だったのですが社会学部に落ちたことで少なからずモチベーションにも影響したと思います。2日くらいは気もそぞろで勉強に身が入っていなかったですね。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

特にメンタル的に厳しかった時期はセンター試験後から二次試験にかけての期間ですね。センター利用で早稲田大学にも合格していたので、少し気が緩んだということもありますが、だんだん周囲の友人たちも余裕もなくなってきてみんなが孤独に勉強しているような感覚に陥りましたね。

この時期は本当にきついと思いますが、大切なのは引きこもらないことだと思います。人間切羽詰まってくるとどんどん思考が内向きになっていきます。内向きの思考は大抵いい結果をもたらしません。いわゆるメンブレの状態になります。

そんな時には人と話すことが重要です。友達でも先生でも両親でもいいので誰かに自分が今思っていることを話すと気が楽になりますよね。

この時期までくるともはや勉強量云々ではなく、いかに勉強に向かうモチベーションを維持することが重要です。効果は人それぞれだと思いますが、切羽詰まって一人で思い悩み勉強が手につかないというような人は誰かと少しでも話してみるといいと思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

東大をはじめとする難関の国公立を受験する人は、科目数も多いのでとにかく時間がないというのが本音だと思います。そんな人にはやはりセンター利用はおすすめですね。

慶應もありかなーと考えている人は個別試験を受験してもいいと思いますが、やはり時間が取られるので。「私立はあくまでも滑り止め」という方は、絶対に私立はセンター利用1本に絞り、第一志望の大学の対策に専念した方がいいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ