2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-53-20.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試直前には特別な勉強方法を行う必要はないと思います。むしろ意識したいのは入試本番前日をどのように過ごすかをシミュレートすることですね。大学別の冠模試などは本番と同じ日程で行われることが多いので、本番前日や試験の中日をどう過ごすかを模試を使ってシミュレートするといいと思います。

一方で復習は非常に重要です。私は模試は終わったその日のうちに必ず復習することにしていました。模試の中で解けそうで解けなかった問題は悔しさが残っているうちに復習した方が記憶にも残りやすいと思っていたので。

模試を最大限に有効活用するにはとにかく間違った1問に対する意識を強く持つことが重要だと思います。解けなかった問題に対してこだわりを持つというか、解けなかったことの原因を自分なりにきちんと考え、分析しておくことで次にその問題が出てきた時には絶対に正答するという気持ちを持つことが大事ですね。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

あまり偏差値や判定を気にして落ち込んだことはないのですが、悔しいのはあと一歩で解けそうな問題を取り逃がした結果、偏差値や判定が下がってしまったときですね。

数学で完答まであと少しだったのに最後の一手が思いつかなかったり、世界史で思い出しかけているのに答案に書けなかったりと試験中にすごく問題で悩むことってあると思いますが、そういった問題が結果的に不正解でそれに伴って偏差値や判定が下がるとなぜこの問題で正解できなかったのか、と自分を責めたい気分になりました。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

それほど模試の結果は気にしていなかったですが、やはり人間ですので良かったら周りの人と比較して優越感に浸ったり、悪かった時はちょっと悔しかったりはしましたね。

しかし模試が良かった時の優越感や模試が悪かった時の絶望感って抽象的なので、やる気の原動力としては弱いと思うんです。もちろんそれをモチベーションに変えることができる人はいいのですが、そうでない人はより具体的な何かに着目する必要があると思います。

私の場合、それは解けそうで解けなかった問題に対する悔しさでした。

模試全体の結果が良くても悪くても、満点でなかった以上解けそうで解けなかった問題、あるいは今の自分なら解けていた、解くべきだった問題というのが1つはあると思います。それって、やっぱりめちゃくちゃ悔しいじゃないですか。

私はその「悔しさ」が重要だと思うんです。悔しかった問題って絶対記憶に残りますし、次に出たら絶対に解いてやろうというモチベーションにも繋がります。

模試に限らず普段の勉強からこの悔しさというのは大事にしてほしいんですが、模試は本番に一番近い環境で受験するのでその悔しさがより一層際立ちます。

模試が良かった悪かったという抽象的なことよりも問題1問1問に対して真摯に向き合う姿勢を持つことが模試を終えた後には重要なんじゃないかと思います。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

センター模試も記述模試も偏差値に差はそれほどなかったように思います。ただし東大模試では受験者層の学力が高いので当然ですが下がりました。

私個人の意見ですが記述模試もセンター模試も求められる基礎は同じで教科書レベルなので、必ず相関関係があると思います。どちらかが突出していいということはなかなかないのではないでしょうか。

私立大学の大学別模試に関しても同じことが言えると思います。私大入試では、特に地歴など教科書の範囲から大きく外れた内容が出題されることもありますが結局そこでは差がつかないので。基本で着実に点を取れている人が結局は合格点を上回ると思います。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

高3時には最低でも河合駿台の東大模試を夏と秋で計4回受験しておくといいと思います。逆にそれ以外の記述模試は時間が取られる割にはあまり意味がないので受けなくていいのではないでしょうか。

記述模試や大学別の模試は自分の答案の水準をブラッシュアップできる数少ない機会です。何が求められ、何を書けば点がもらえるのかを意識して受験することが重要だと思いますね。

またマーク模試も東大を受験する上では重要になってくるので、できれば月1くらいで受験した方が良いです。自分でやるよりもシビアな時間感覚の中で問題を解くことになるので、時間配分を意識したい人にはおすすめです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ