2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の配点・合格最低点超えの戦略

the-study.jp_2019-03-28_12-53-20.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

初めて全教科の過去問を解いたのはいつですか?また合格最低点を越えることができましたか?

初めて全教科の過去問を解いたのは高校3年の秋です。詳細には憶えていませんが、英国がだいたい60点台、数学が20点台、地歴がそれぞれ10点台だったと思います(東進の過去問演習講座で採点したので、自己採点よりは正確性の高い結果です)。当然のことながら合格最低点は超えていませんでしたね。

主要3教科では英語、国語は意外になんとかなっていましたが、数学がかなりシビアでした。部分部分では点を取れていたのですが、1問を満点で終えるいわゆる完答できた問題がなかったので。またそれなりの点数だった英語も第2問の段落整序問題が手も足も出ず、課題は山積みといった感じでした。

地歴はまだ未習範囲もあって仕方ない部分も多いと感じており、それほど心配はしていませんでした。

直前期合格最低点を超えるようになりましたか?直前期に各教科何割程度とれていたのか、またどのような対策が合格最低点超えにつながったと思いますか?

私は1浪しているのですがあえて現役時のことについて書くと、現役の直前期には50%くらいの確率で合格最低点を超えることができると感じていました。

点数的にはうまくいけば英語が6割、数学が5割、国語が6割、世界史が6割、地理が6割くらいの点数は取れるといった感じですね。本番は英語で失敗し得点が6割を切ってしまったので落ちましたがそれ以外の科目は概ね直前期の点数を取れていました。

現役時には結局落ちたのでなんとも言えませんが、秋からの得点の伸びを支えたこととしてはとにかく問題演習を繰り返し、その復習で基礎を固めていったことだと思います。

特に現役時は地歴の対策が不十分だったので、秋以降の直前期には地歴の対策の優先度を上げました。それまでの配分を「主要3教科:地歴=7:3」だったところを、「主要3教科:地歴=5:5」くらいにした感じです。

現役生はとにかく時間がないので東大入試の問題傾向に慣れつつ、基礎も確実なものにするという基礎と応用の習得を同時平行で行う必要がありますね。

Sponsored Links

この学部の配点・自分の得意科目・不得意科目・各教科の難易度を考慮した上での特点戦略を教えてください。

私の受験した東大文科3類の合格最低点は350点前後、合格者平均点は360点前後です(センター得点を含む)。現役の時には合格者最低点を目標に得点戦略を立てていましたが浪人時は万が一のことを考え、合格者平均点を目標に得点戦略を考えていました。

現浪どちらにも共通する戦略としては、とにかく全ての科目で6割(浪人時は6割5分)を目指し、特定の科目で挽回するということをしないということが挙げられますね。東大入試で突出して得点できる科目のない自分は全ての科目で満遍なく得点していくということが重要だと思っていたので。

東大入試ではどの科目でもコケる可能性が十分にあったのでとにかくどの科目も不安でした。なので全ての科目に1日最低でも2時間は触れるようにしていましたね。

この学部の合格最低点を越えるために合格したからこそ言える総合的なアドバイスをお願いします。

東大に合格するためには、天才になる必要はありません。全ての科目で6割5分の得点を取れば余裕で合格できるのが東大です。

入学するとより実感しますが東大にいわゆる天才と呼ばれる人たちは多くはありません。中には英語100点越えで数学0点で受かった、数学が満点だったというような強者もいますが、私も含め多くの受験生は全ての科目でそこそこの点数をとって合格するという例が多いように感じます。

得意科目で不得意科目を挽回するという戦略はよほどのアドバンテージがないと厳しいと思います。それこそ、その科目で9割~満点を過去4回の東大模試で取っていたくらいの実力がないと他の受験生と大した差はつきません。

またこと東大入試に関しては、合格最低点狙いは絶対にやめた方が良いです。得点戦略を立てるなら合格者平均点を目標にするのをおすすめします。私は1浪していますが、現役時は合格者最低点を目標に得点戦略を立てて、あと数点のところで落ちました。これは悔やんでも悔やみきれません。

もちろん戦略自体が悪かった訳ではないとは思うのですが、合格者最低点を越えれば受かるという考えそのものを捨ててほしいと思います。合格者最低点は「結果的にそうなってしまう」だけであってギリギリ越えることを狙うものではないのです。

東大入試の合否の当落線上には想像以上に多くの受験生がおり、そして当落線上の合格者と不合格者の差などほとんどないということも肝に銘じておいてほしいと思います。合格最低点で受かるということは、もう一回東大を受験したら落ちる可能性の方が高いと思っておいた方がいいです。

運ではなく本当に実力で東大に合格したと胸を張って言えるように、ぜひ平均点越えを目指す目標設定と努力をしてください。みなさんが見事東大入試を攻略し、来年の春に合格通知を手にされることを心からお祈りしています!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ