2019年03月28日更新

2011年早稲田大学文化構想学部合格者の配点・合格最低点超えの戦略

the-study.jp_2019-03-28_12-53-19.jpg
年度
2011年(現役)
入学
慶應義塾大学文学部
合格大学
青山学院大学文学部
上智大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都私立錦城高校
センター試験
英語 188点 / 国語 140点 / 日本史 92点

初めて全教科の過去問を解いたのはいつですか?また合格最低点を越えることができましたか?

初めて全教科の過去問を解いたのは10月ごろですね。解いてみてぱっと採点した結果、英語6割、国語4割。日本史が7割程度だったので合格最低点には届いていないですね。

英語と日本史は難易度的に今後の努力次第でなんとかなると思った記憶があります。ただ国語が難しくて全く根拠を持って回答もできなかったですし、かなり不安になりました。センターすら高得点をとれないのに早稲田の国語にどう対応すればいいんだろうと思っていました。

とはいえ焦ってもしょうがないのでまずはセンター国語の評論を確実に満点をとれるようになることを目標として地道にやっていこうと決意しましたね。

直前期合格最低点を超えるようになりましたか?直前期に各教科何割程度とれていたのか、またどのような対策が合格最低点超えにつながったと思いますか?

秋の猛勉強の結果、12月、1月には英語8割、国語7割、日本史8.5割は安定して取れるようになりました。英語は文補充問題が当たるか外れるかで合否を分けると思ったのでなんども何度も解き直して自分の解き方を確立した結果正答率が安定してきました。

文学部も受けたので文学部と文化構想5年分ずつで10年分英語の過去問を仕上げましたのと、過去問対策ばかりやらずにやっておきたい英語長文700,1000などの難しい長文問題集を何度も解き直ししたことが合格最低点ごえにつながったと思っています。

Sponsored Links

この学部の配点・自分の得意科目・不得意科目・各教科の難易度を考慮した上での特点戦略を教えてください。

落ちるとすれば国語での失敗ですね。英語と日本史は何回解いても点数が安定していましたが、国語だけムラがありました。しかも文化構想の配点は英語75, 国語75, 日本史50なので国語で失敗した場合他の教科で取り返すことがかなり難しいです。

英語で8割を取っても国語で5割以下をとったら不合格確定だと思っていました。なのでとにかく全教科で英語、国語で7割を下回らないこと、日本史で8割とれれば合格できるのではと思って本番に臨みました。

この学部の合格最低点を越えるために合格したからこそ言える総合的なアドバイスをお願いします。

早慶上智志望の人には英語と社会が得意で、国語の点数を英語と社会でカバーしようと思っている人もいるかと。ただ早稲田の文化構想に関しては絶対に通用しないので注意してください。国語で平均点以下をとったら日本史で取り返すのは無理です。ちょっと計算してみればわかることです。早稲田が難しいのはここですよね。

僕はこれに気づいたのが1月とかだったので過去問を解き始める秋ぐらいから国語で失敗したら終わり、全教科7割以上取ることの方が大事と思って過去問対策をしてください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ