2019年03月28日更新

2015年東京大学理科一類合格者の国語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-19.jpg
年度
2015年(現役)
入学
東京大学理科一類
合格大学
慶應義塾大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
出身高校
神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語 190点 / 数I・A 96点 / 数II・B 100点 / 国語 156点 / 化学 92点 / 物理 100点 / 地理 74点

東大国語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は半分の40点。この点数にした理由は2つあります。1点目にもともと国語が得意ではなく、また国語の得点率を上げるよりも物理化学や英語の方がはるかに効率が良いと考えていたことです。古文単語とか漢文の矩形をコツコツ覚えるよりも物理の交流を極めるとか、有機の反応式を一つでも多く覚える方が自分にとって負担が少なく、また実際に得点に繋がりやすいと考えたからです。

2点目に、東大の特に理科一類・理科二類の合格者・不合格者の分布を見ると国語の標準偏差は全教科で最も小さく、「国語によって合否が分かれる」という現象はあまり起こらないと感じていたからです。合格者の様々な得点パターンを見て、全教科で満遍なく取れている人はだいたい国語で35点以上、最低でも30点はみなさん取っていたので、自分は少し高めに設定しての40点、ということに決めました。

この目標を達成するために最も重要だったことは、いかに第二問古文と第三問漢文で話の流れについていけるか。現代文は対策がしづらいと感じていたので古文の単語や助動詞、漢文の矩形や漢字をコツコツ覚えることによって第二問古文と第三問漢文でいかに失点しないかが重要で、東大模試やマーク模試で古文漢文の問題を解いていると、話の流れが全くわからず15分20分考えても何も得られないことがあったので、これが本番で起こらないでくれ、とかなり不安ではありましたね。

本格的に東大国語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

1月29日に初めて赤本の国語の問題に手をつけましたね。もちろん東大模試で5回東大の国語の形式には触れていましたし、高2の3月の時点で既に2014年(最新年)の問題は解いていたので、敵は既に知っているという状態ではありました。

解いたのは赤本掲載の7年分です。正直国語は何年分解いてもできる人はできるし、できない人はできないままだろうと、受験を終えた今でも思っているので、最低3年分くらい解いておけば十分ではないでしょうか。

ただ自分は国語の対策に時間を割かない中でも、少しでも点は欲しいと思っていたので7年分は頑張った、という感じです。

Sponsored Links

第一問現代文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

現代文対策はセンター現代文対策と兼ねて考えていました。つまり使った参考書はセンター対策用で、『決める!センター国語』とセンターの過去問20回分です。僕は国語が苦手でセンター現代文すら半分くらいしか取れないこともあったので、センター現代文で得点できるようになることが必要条件だと考えていました。

理系にとって現代文対策なんて本当に何をすればいいのかわからない人が多いと思いますし、僕もいざ現代文の問題を解いてみても全くわからなかったり、さらに解答解説を読んでもしっくりこない、自分にはこんな解答できないと思ってしまう、という感じでした。

そんな僕にもセンター形式の問題なら敷居が低くなる効果があったと思います。

第二問古文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

『頻出古文単語』『マドンナ古文』『古文上達 読解と演習56』は高3の夏くらいまでにやりましたが、やはり古文も現代文同様センター国語対策が東大古文の方にも与えた影響が大きいです。

センター古文は2005年以前など古めの過去問は選択肢を見ないで一回解き、その後選択肢からも答えを選んで解答、という風に勉強していました。センター古文は選択肢がなかったらほぼ東大古文レベル、というのを高校の古文の先生から聞いていたのと、普通にセンター古文対策としてこの方法は有名だったから、というのが理由ですね。

例えば古文上達なんかは東大古文の形式と全く違いましたし、文章の長さや難易度も問題によってまちまちでしたが、センターのはだいたい東大古文と似ているので、センター古文の対策をしているのに東大古文対策も兼ねて、とても効率よく勉強ができていたと思います。

第三問漢文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

漢文は『漢文ステップアップノート』を高3の1学期、『漢文入試精選問題集』を高3の夏休みに進めるのと同時進行で週末にセンター漢文の過去問を解いていました。漢文も古文と同様の効果がありましたが、漢文の場合でいうと特に知らない漢字の読み方や意味がないかを意識していました。

ステップアップノートや、学校で配られていた漢文必携矩形集には矩形はたくさん載っていますが、「凡」と書いて「およそ」と読むみたいな、1字で副詞や動詞としての意味を持つ単語の知識が足りていないと、マーク模試や東大模試を受ける中で気づいていたからです。

なのでいつも漢字辞典を傍におきながらセンター漢文の問題を解いていましたね。東大漢文でも1語の意味がわからなくて解けないことがあったので、その対策になっていたと思います。

東大国語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

2月からほぼ毎日各教科の過去問を解いていましたが、さすがに毎日全教科を解くわけにはいかなかったので東大の入試本番のスケジュールと同様、今日は1日目のシミュレーションで国語・数学、明日は2日目のシミュレーションで物理・化学・英語をやろう、という風に分けて、本番の状況に慣れるようにしました。

国語は解答スペースが小さいのが解きにくさの1つなので、縦13.5cm・横8mm2行分の解答用紙を自作して、それに答えるようにしていました。模試の解答用紙などがあれば、そういうのも利用するといいと思いますよ!

解説の確認の段階では、特に現代文では解答を読んでも納得できないこともあり、その時はネットで駿台や河合塾が公開している予備校公式の解答解説なども読んでいました。

東大国語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター国語を選択肢なしで解くのは、特に理系の人にオススメです。正直理系からしたら、国語なんかにかけてる時間は無いって感じですよね? 冒頭で述べた通り実際国語では差がつきにくく、また他の教科に比べると成績をあげにくい科目なので、その考え方に異論はないです。

そうなれば、大事なのはいかに効率よく勉強できるか。センター国語の過去問を解きながら、東大の方も兼ねて勉強できるのは効率がいいですよね?

『古文上達』は本当にやらなければよかったと思っています。正直私立文系向けの参考書なのかなと思いました。また河合塾の入試精選問題集もなくてよかったかもしれません。

もしもう一度僕が受験するのであれば、それよりもセンターの過去問を2周するのを優先します。

最後に合格したからこそ言える東大国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

理系の人が東大国語対策にどれくらい時間をかけるか、何の参考書を選ぶかはかなり迷うと思います。それは国語に時間をかけても成績として自分に返ってくるかに自信がもてないからですよね。だとしたら国語で点を稼ごうとするのではなく、英語数学物理化学で埋めようと考えるのは立派な作戦です。

僕も優等生っぽい高校生だったのでつい全ての教科で満遍なく取ろうと考えていましたが、大事なのは合格するか、不合格になるか。

1,2科目に頼るのは絶対に薦めませんが、国語1教科捨てるくらいなら大丈夫。勇気を持って、東大生になるための勉強を続けてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ