2019年03月28日更新

2011年早稲田大学文化構想学部合格者の国語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-19.jpg
年度
2011年(現役)
入学
慶應義塾大学文学部
合格大学
青山学院大学文学部
上智大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都私立錦城高校
センター試験
英語 188点 / 国語 140点 / 日本史 92点

国語の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

早稲田の文化構想は評論2題、漢文と現代文の混合文の3題から成り立っていますが、自分にとって重要だったのは評論2題。ここで8割以上とれるかどうかが勝負だと思っていました。漢文と現代文の混合文は過去問を解いていた時から全体的にはよくわからないけど問題は正解はできることもありましたが、安定せず自信がなかったのでかなり不安でした。

また早稲田の文化構想は配点が英語・国語が75点、日本史世界史が50点なので国語で失敗すると合格確率がかなり下がるので、苦手な国語とはいえ7割以上とらないと受からないだろうなと思っていました。

本格的に国語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

過去問は5年分、12月から解き始めました。とはいえ自分は早稲田の文学部も受験予定だったので文学部と問題の形式がほとんど同じことを考えれば10年分程度解いたことになりますね。

過去問を解いた年数に関しては十分な量だと思いますが、やはり過去問対策をし始める前に根本的な現代文の読解力がないと早稲田の過去問は対策してもあまり効果がないのでは。

一定の読解力がある人がちょっと早稲田に慣れるために多少は練習しておく、くらいでとらえるのが重要。早稲田の国語だから特別な対策が必要だと思い込みすぎないことが重要ですね。

Sponsored Links

国語対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

センターのマーク式問題集を使って「傍線部とはどういうことか」「傍線分はなぜか」のこの2つのパターンを徹底的に鍛えて正答できるようになったことが早稲田対策に最もつながったと思っています。

必ず傍線部を自分の頭の中で言い換えてから選択肢を見るという解き方はセンターでも早稲田でも同じですし、センターと早稲田で英語ほど難易度に差があるかといえばそうではないはず。

自分の場合河合塾、駿台、Z会など各予備校が出しているマーク式問題集、センター予想問題集を何度も何度も解き直して「傍線部とはどういうことか」「傍線分はなぜか」の問題を限りなく100%正解できるように練習しました。

国語で個別で対策が必要だった設問、合否の鍵を握ると思った設問の対策と解き方を教えてください。

早稲田の文化構想の国語で唯一個別に解き方を考えておく必要があるのが「文補充」ですね。おそらく配点も高いですし、慣れてない状態で解こうとするとかなりの確率で間違えると思います。

文補充は本番わからないと焦ってしまいそれっぽい文を字数を合わせて入れてしまいがちなので、自分で回答の探し方を確立しておくべきだと思います。

国語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問の使い方に関しては1年分ずつ何度も何度も解き直すことと、センターの評論で「傍線部とはどういうことか」「傍線分はなぜか」を限りなく100%正解できるようになることです。

過去問研究をしまくって早稲田に受かろうとか、早稲田対策で難しい現代文の問題集を買って解きたくなる気持ちもわかりますが、やはりセンターの現代文で高得点を安定してとれるようになってからやるべきです。

それができるようになってから文化構想の過去問の「傍線部とはどういうことか」「傍線分はなぜか」をまず正解できるようにすること、その次にそのほかの問題を個別にどう解くか考えていくと良いですね。

国語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

早稲田の国語だからといってむやみやたらと他の学部の問題を解いたり、早稲田対策の講座を受講しなくても良いということです。どうしても早稲田の国語ときくとびびってしまったり特別な対策が必要なのではと思ってしまいます。

それはある意味思い込みでセンターの評論で満点近く毎回取れるようになる、問題集を何度も繰り返し解く、マーク模試、記述模試でも安定して偏差値65以上取る、そういった積み重ねの方が無理やり過去問対策するより何倍も効果的です。

なので何度も言っている通りセンター評論をできるようになることが早稲田国語攻略への第一歩となります。自分はセンター評論を安定してとれるようになったのが11月でしたがもしそれをやっていなかったら早稲田の国語を解けるようになったとは全く思わないです。

最後に合格したからこそ言えるこの大学の国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

自分のように国語が苦手な早稲田志望の受験生は多いと思います。国語が苦手だとなおさら早稲田の特別な対策が必要だと感じてしまう気持ちもわかります。実際に不安になりすぎて駿台予備校の早稲田国語の講座をとったが、受講しただけで満足してしまった感が否めないですし、それが合格直結につながったかは懐疑的です。

国語は予備校講師の言うとおりにしたからといって正解できるものではなく、自分で考えて考えて解き方を見つけていくものということを知ってほしいです。

結局は普段の国語の勉強の延長線上に早稲田の国語があるだけで、予備校の煽りなどによって早稲田にメンタル的に負けてはいけません。繰り返し述べているようにまずはセンター国語で安定して高得点をとれるようになるところから早稲田対策を始めていきましょう!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ