2019年03月28日更新

【センター化学】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-18.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
芝浦工業大学建築学部
出身高校
静岡県県立藤枝東高校
センター試験
英語 166点 / 数I・A 81点 / 数II・B 83点 / 国語 171点 / 化学 68点 / 物理 81点 / 地理 63点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は90点でした。理科のもう一つの受験科目が物理だったのですが、物理がすごく苦手だったので化学でカバーするために90点を目標にしていました。

第1問は化学基礎で学習するような基本的な物質の構造などが問われるので落としてはいけない問題だと思います。

また計算問題は計算の速度も大切ですが、私は急いで計算式を書くと問題用紙が汚くなってしまいどの問題の計算なのかがわからなくなってしまうことがあったので、見直しをしたときにどの問題の計算なのかがわかるように、スピードだけでなく丁寧さも少し意識していました。計算過程がはっきりわかると見直しや計算のし直しが楽になるはずです。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使用した教材は学校から配られたセンター予想問題集3冊『センター試験実践模試(Z会)』『実践問題集 化学(駿台)』『進研[センター試験]対策 重要問題演習』です。

冬休みに入る直前まで学校で演習授業をやってくれたので、自分がやった対策としては冬休みに入ってから1日1回分必ず解いていました。

1日でもその教科に触れないと今までやってきた対策や感覚を忘れてしまいそうで不安だったので必ず1日にすべての教科に触れることは心がけていました。

時間は50分に設定して本番で余裕をもって解けるように想定していましたね。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

化学で時間が足りなくなることはなかったので特に順番などを工夫してはいなくて、第1問から順に解いていました。

わからない問題は飛ばして次の問題…と進め、余った時間でまずは解き終わった問題の見直しをしてから、わからなかった問題を残りの時間の大部分を使ってゆっくり落ち着いて考えることを心掛けていました。

正しいまたは間違っている文章を選択する問題は間違いだと思う部分に印をつけて見直しの時に確認しやすくしていましたね。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

効果があったと思うことは問題演習をたくさんしたことです。予想問題集は3冊(約20回分)を解きました。

本番と似たような問題を解くことで自分の苦手な分野がわかりその分野の対策に力を入れることができるし、高分子化合物の問題のような計算力よりも知識が問われる問題についてもより多くの知識を得ることができたと思います。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

ここまで90点をとるために勉強してきたことについて書いていますが、本番の点数は68点と散々な結果になってしまいました。

化学の対策に心残りはないし、やれるだけやったと思うのですが、原因を挙げるとすれば物理が苦手だったため化学で補おうという思い入れが強すぎたことだと思います。

本番で自分が苦手だった問題が出たときに、物理が苦手だからここは落とせない!という思いからどんどん焦ってしまいました。

だから苦手科目はこの教科で補おう、とは考えないほうが良いと思います。

特に理科は私立大学などでセンター利用試験の時、第一回答科目のみが合否判定に利用されることがあります。片方の科目に期待をかけすぎると得意科目が予想得点から大幅に離れてしまったときに合否に大きく影響してしまいます。

バランスよく勉強して、落ち着いて試験に臨めるようにしてください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ