2019年03月28日更新

2011年慶應義塾大学文学部合格者の『英文法ファイナル問題集』の使い方・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-53-18.jpg
年度
2011年(現役)
入学
慶應義塾大学文学部
合格大学
青山学院大学文学部
上智大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都私立錦城高校
センター試験
英語 188点 / 国語 140点 / 日本史 92点

英文法ファイナル問題集を使い始めたきっかけを教えてください。

『英文法ファイナル』を解き始めたのは高校2年の秋くらいから。桐原書店の『英語頻出問題集』が学校から配られていたのですが夏休みにはほぼ満点をとれるくらいに仕上げたので、難関大の文法問題を解けるレベルにしたいと思って『英文法ファイナル』を解き始めました。

『英語頻出問題集』は毎回学校の定期テストで一定出題されたり長期休暇のたびに休み明けテストがあって1年生の時から何度も解いていました。

なので若干飽きていた感もあり、難関大レベルの入試問題が多数掲載されている『英文法ファイナル』を購入したときはモチベーションが上がりましたね。

英文法ファイナル問題集の使い方(ペース・解き方・復習の仕方など)を教えてください。

『英文法ファイナル』は10回分のテストに分かれているのですが、1回分ずつ仕上げていきました。まずは1回分自力で解いて見て丸付けをして間違っていた箇所を理解します。

『英文法ファイナル』は正直最初はかなり難しくて、半分以下の正答率でしたが間違えた問題をできるようにすれば問題ないと割り切ってた記憶があります。

間違えた問題は徹底的に暗記して、『英語頻出問題集』の索引からその文法が載っているところを確認したり解説で関連することを暗記したり復習はかなり丁寧に行いましたね。1回分を満点にできるようになったら次に進むというルールで進めていきました。

Sponsored Links

英文法ファイナル問題集はその後の受験勉強でどのように役立ったか教えてください。

『英文法ファイナル』の問題10回分を完全に暗記し終わったのは高3の夏休みだったと思いますが、『英文法ファイナル』を解いていて一番よかったと思ったのは直前期。

理由は「GMARCH・早慶上智以上の英文法の対策をしなくてよかった」からです。実はこれがかなり大きくて、直前期にGMARCH・早慶上智の過去問を解いて英文法が解けないから焦るってケース結構あると思うんです。

文法問題で確実に稼いで長文問題勝負と考える人が多いと思うんですが過去問で英文法が解けないと全くその戦略をとれなくなります。ですが、自分の場合『英文法ファイナル』を解いていたおかげで基本的に文法で点が取れないという状況はなかったのです。

直前期も復習で何度も解き直しましたが、無駄に文法に時間をかけずに済んだという意味で夏に仕上げておいたことは英語長文対策の時間を増やすという意味で早慶上智合格にかなり貢献していると思います。

英文法ファイナル問題集を時期や偏差値を考慮して解くべき人と解くべきでない人を教えてください。

『英文法ファイナル』を解くべきでない人は英文法の問題集が数冊仕上がっていない人ですね。というのも1回分の問題で間違いが8割以上になってしまう確率が高いからです。

英文法の基礎レベルの問題はすらすらできるようになった人が実力アップのために解くべき問題集なので、仕上がっていない人が解くと『英文法ファイナル』で文法力をあげようとすることになりますがはっきり言って非効率。

また注意点としては『英文法ファイナル』をやっていると入試レベルの文法問題を解いていて優越感に浸りかねないのですが、英語の配点はどこも英語長文が多いのが普通ですのでやたらと『英文法ファイナル』に時間をかけすぎても英語の偏差値は全然上がらないのでそこは忘れないでほしいです。

英文法ファイナル問題集の効果とより効果的に使うにはどうすれば良いか大学受験を終えたからこそ言えるアドバイスをお願いします!

『英文法ファイナル』はとにかく難しいので、1回分完全に暗記しきってから次に進まないと何も覚えずどんどん進んでしまうのでそこは気をつけましょう。最初は大問ごと暗記してから進むぐらいのイメージで良いかと。

秋以降に『英文法ファイナル』を解き始める受験生もいると思いますが正直負担が大きすぎると思います。夏くらいまでに仕上げておいて直前期になったら解説まで暗記するのが理想的ですね。

結局英語は長文読解勝負です。文法に時間をかけすぎないことが大事なので早い段階で『英文法ファイナル』で文法を難関大でも通用するレベルまで仕上げてひたすら長文読解力をあげていくのが志望校合格につながると思います!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ