2019年03月28日更新

【センター日本史】2011年慶應義塾大学文学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-12.jpg
年度
2011年(現役)
入学
慶應義塾大学文学部
合格大学
青山学院大学文学部
上智大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都私立錦城高校
センター試験
英語 188点 / 国語 140点 / 日本史 92点

センター日本史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

マーク模試や過去問、予想問題集を12月からセンター直前に解いた時には常に9割以上をとれていて8割以下だったことはほとんどなかったので、いかにケアレスミスを減らせるか、迷う問題を減らせるかが重要だと思っていました。

現役生の場合、大正時代・昭和時代あたりは冬に学校で習ったばっかりだと思うので問題集を十分解いたりして得意にしておかないと出題されたときに失点しやすいかなと思ったのと、あとは私大の過去問を解いている中で失点しやすい単元をちゃんと自分で把握してその単元を片っ端から復習するのも大事だと思います。

自分の場合文化史と江戸幕府の政治がが苦手でセンター日本史なら間違えることが少ないですが私大ではよく間違えていたのでセンター日本史の勉強をしながら徹底的に復習しました。

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター日本史の過去問は数年分解きましたが、センター日本史のために特別に問題集を解いたり対策はしていないです。とはいえ普段から「菅野の日本史Bハイレベル問題集」を仕上げていたので全く知らなかったという問題は過去問や予想問題集を解いていてなかったと思います。センター日本史はセンター英語、センター国語よりも普段の私大対策を頑張っていれば問題なく9割以上をとれるはずです。

どちらかといえばセンター対策をするよりも私大対策でセンターの過去問を解くイメージで問題ないかと。

Sponsored Links

センター日本史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター試験本番で高得点をとるために重要なのは何度も見直しをすること。センター日本史では問題をみた瞬間に回答を出せる問題が少なくないですので、迷った問題と変な思い込みをしていないか回答を何度も何度も見直すことが大事です。

並び替え問題なら年号を書く、正しいものを選びなさいと設問なら間違っている選択肢の間違っている箇所を正しくして見る、選択肢や問題の文章中に出てきた事件の年号と内容を書いて見て本当にあってるか確認する、など自分の全ての回答を疑う姿勢が重要です。

そこまでやったとしても2、3問は間違えてしまうこともよくありますよね。センター日本史で95点以上取るのはかなり難しいのが現状ですから。

センター日本史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター日本史の対策する際に重要なのは、少しでも悩んだり不安がある問題に出会った時に復習の際にその単元を丸ごと勉強し直すことです。例えば化政文化の問題が1問出題されたとして、その問題自体は正解できても、化政文化全体に不安があったり暗記が十分でないと思ったら化政文化を丸ごと復習した方が良いということです。

明治の内閣の問題が出たら明治の初代の総理大臣を順番に誰が何を行ったか書いて見るとか、やり方はいろいろあると思いますがセンターの問題を使ってどう復習するかはある意味センスが問われるかなと。

センターレベルの問題は早慶上智志望の受験生であれば簡単に解けるはずなので正解して終わりになりがちです。そうではなく、仮に難易度が上がったとしても正解できるかなど、常に早慶上智に日本史で点をとるためにセンター日本史の勉強を生かすべきです。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター日本史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

早慶上智志望の場合センター日本史は常に満点狙い、最低でも9割以上取らなければならないと思っているはずですし、センター英語、センター国語と比較して点数が安定しやすいのがセンター日本史です。

そこで早慶上智を目指している人に対して伝えたいのはわかっていると思いますが「センター日本史で高得点をとるために対策をしているようでは早慶上智レベルの日本史で高得点はとれないということ」ですね。先ほどもいったようにセンター直前に過去問を解くときに少しでも迷った問題があれば徹底的にその単元を復習しましょう。

ですので、過去問や予想問題集を解いて9割を下回ったからと言って落ち込むのではなく、「今気づけてよかった」「私大で同じ問題が出た時に絶対にミスらない」という気持ちが大事と言えます。

センター日本史に限らず私大の日本史対策はやはり間違えた問題からどれだけ多くの知識を増やせるかが重要で、それができる人が直前期に日本史を伸ばして早慶上智合格に近づけると思うので、復習の仕方を意識してセンター日本史の勉強をしてほしいなと思います!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ