2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の地理の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-17.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

東大地理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私の東大地理の目標は40点。世界史と合わせて合計80点を超えることが目標でした。

東大の地理は設問によって問題形式と難易度が変わる世界史と異なり、全ての設問が同じ配点で難易度も同じくらい。

本番の出たとこ勝負でどの問題に時間をかけるべきか、どの問題を捨てるべきかを瞬時に判断しなくてはいけません。その意味では本番の感覚は東大数学に少し似ていますね。

その上で自分の得意不得意に応じて時間配分を決め、メリハリをつけて問題を解かなくてはいけません。

東大の社会科目は2科目を150分で解く試験なので時間があるように感じてしまいがちですが、だらだらと解いていると本番では時間が足りなくなり足元をすくわれることにもなりかねませんよ。

私はの場合は日本の地域調査の問題が出ると東大模試でも点数が伸び悩んでいたので、その大問では4割も得点できれば儲けもんくらいの感覚で解いていました。

本格的に東大地理の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

過去問対策を始めた時期は高校3年生の秋頃。全範囲の学習が終わってから取り組み始めました。私の高校では授業の一環で東大地理の過去問添削を行ってくれていたのですが、それはとてもためになった記憶があります。

東大地理では問題自体も重要ですが、その問題の周辺知識を得ることがさらに重要になります。独学で行うのは難しいのでもし可能なら地理の先生に添削してもらい周辺知識まで解説してもらうのが一番勉強になりますよ。

過去問自体は赤本で5年分、東大模試の過去問集である河合塾の『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』をそれぞれ5年分解きました。

地理はデータや情報の移り変わりが他の教科に比べて早いのであまり古い年度のものを解くと時代遅れの知識を学習してしまうことになります。そのため10年以上前の過去問は解かない方がよく、できれば5年分くらいに留めておいた方がいいでしょう。

Sponsored Links

東大地理対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

使っていた参考書は赤本、河合塾の『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』。それとデータや情報の参照用に、学校指定の資料集、『データブックオブザワールド』を使っていました。

また過去問の地質の問題ではかなりマニアックな知識も求められていたので、地学の資料集も併用して使っていましたね(地理と地学は似通った部分が多いため、地学選択者には地理を受験科目に選択することをおすすめします)。

基本的な用語やデータも重要ですが、その知識をどのように答案に使うことができるかが東大地理ではより重要になってくるため問題演習の量をとにかく増やした方がいいですね。

私は、1つの大問を解く→答え合わせ→資料集・データブックで周辺知識の確認、という一連の流れを1日に1題のペースで行っていました。

時に過去問では教科書にも載っておらず、資料集でも扱いが非常に小さい用語やデータが登場することがありますがそういったものは『ブリタニカ国際百科事典で』参照するのがおすすめ。百科事典だけあってかなり詳細で正確な記述があります。

大体の電子辞書には入っている辞書なので一度検索してみてください。読み物としても面白いですよ。

個別で対策が必要だった設問、合否の鍵を握ると思った設問の対策と解き方を教えてください。

東大地理は、全ての設問が同じ配点で難易度も同じくらい、しかも決まった範囲から出題されるわけでもないので満遍なく勉強しておくことが大事ですね。

その中でも他の受験生と差をつけるには普段の学習で差が出る時事問題の対策が不可欠です。時事的なテーマから配点の大きい問題が出題されることもあるので、普段からニュース等も見て地理で得た知識と関連させて考えるようにすることが重要になります。

自分が受験した年度ではマグロの乱獲が問題になっていたのですが、まさにそれをテーマにした問題が5点問題として出題されていました。他の受験生が解けなさそうな問題を本番で自分が解けたので気分的にも楽になりましたね。

東大地理の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問は解いたら必ず資料集、データブックで確認するようにしていました。

先述した通り、東大地理は教科書に記載の無いような幅広い知識を求める問題も出題してくるので問題に関連した周辺知識まで網羅しておくことが重要です。

過去問を解いたら関連知識を資料集、データブックで確認するようにしましょう。これをセンター地理の過去問を解いた際にも行えるとよりいいですね。

まとめ方としては必要な知識が1冊のノートに集約されるように私はノートの左ページに問題をコピーして貼り付け、右ページにその問題のテーマに関連した内容を書くようにしていました。

東大地理の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

本番の点数に直結しうることとしては、東大模試を受験することが重要です。もちろん模試自体も重要ですが一番ためになるのは解説部分。

東大地理で出題されそうな知識を問題のテーマごとにわかりやすくまとめてくれており、これ以上ない参考書だと思います。また時事的な情報も交えつつ解説してくれているので時事問題の対策にもなるでしょう。

大手の模試は夏に2回、秋に2回行われるのでぜひ積極的に受験してみてください。

最後に合格したからこそ言える東大地理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

150分で社会2科目を解く東大入試では、地理以外の他の1教科との時間配分も重要になってきます。他の1科目が日本史にせよ世界史にせよ、地理の方に時間をかけた方がいいです。地理は資料の読み取りや資料から自分自身で考える問題などがあり、本番では思ったより時間を取られやすいので。

世の中には地理で習った情報が溢れかえっています。社会科目だからといって単に暗記科目として勉強するのではなく、ぜひ現在の社会との繋がりを意識しながら勉強してもらいたいです。それが結果的に点数にも反映してくるはず。

みなさんが東大地理を見事攻略し、来年の春に合格通知を手にされることを心からお祈りしています!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ