2019年03月28日更新

【センター英語】2013年東京大学文科三類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-16.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

私のセンター試験の目標は190点~満点でした。この点数を取るためには6点問題や8点問題で間違えることはほぼ許されません。

センター英語の中でも特に鬼門なのが第4問のグラフ・表の読み取りと第6問の長文問題だと思っていました。

各設問の配点も大きい上に、馴染みのない文章が出題されるのでちょっとした勘違いや思い込み、文章の読み落としでミスをしやすいからです。

第4問と第6問を少なくとも3回ずつ目を通す時間を確保するためにいかにそれまでを早く解くかが私のセンター英語の攻略法でした。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

センター英語の対策に使用したのは、河合塾の『センター試験過去問レビュー』と『センター試験予想問題パック』です。

日々の学習は二次試験対策を行なっていたので、センター試験の対策はセンター試験前に集中して行なっていました。センター試験の1ヶ月ほど前からは毎日1題を解き、問題の形式に慣れるようにするという感じで。

東大志望の方は普段の英語の学習ではセンター試験よりも難し目の問題に取り組んでいるでしょうが、だからと言って油断は禁物。

センター試験特有のグラフ・図表の読み取りや長文問題は、制限時間が課されると途端に難しくなります。その上、試験本番はプレッシャーも半端ではないのでセンター試験の対策では制限時間を本番の設定よりも厳しくして臨むことが重要ですね。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

私は第1問から順番に解いていました。内容が次第に難しくなっていくので頭を徐々に英文に慣らしていくことができるからです。

時間については以下のような配分で解いていましたね。

第1問5分→第2問10分→第3問10分→第4問15分→第5問10分→第6問15分

計65分で全体を解き切り残りの15分で自分の苦手だった第4問、第6問を徹底的に見直します。

第1問~第3問は配点が小さくまた一般にも誤答率が少ないですし、第5問も第4問・第6問に比べると柔らかめの文章で読みやすいので、見直しの優先度は低く設定していました。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

第1問はとりあえず規則性のあるものから解いていくことが重要です。アクセントの規則はせいぜい10個くらいしかないのでそれらは全部覚えておくといいでしょう。

また要注意発音の単語は細かいものを含めるとキリがなく、まとまった参考書などもないので学習が難しく感じると思います。

こういった単語は普段勉強している中で出会ったら際にすぐにノートにメモし、ストックしておくことが重要ですね。

センター英語の中では唯一の単純な暗記が問われる設問なので普段からの学習で差をつけましょう。

第2問はとりあえず空欄の前後だけを見てみるというのが有効な時間短縮法です。前後だけで決まる問題(関係代名詞、分詞など)であれば1秒で即答することができます。全ての文章を読むのではなく、全体を読む必要がある設問のみ読むようにしましょう。

また細かいことですが絶対に1問ずつマークしない、ということも時短を意識する上では重要ですね。1問数秒のロスが積み重なり、分単位のロスになります。大問ごとなどまとめてマークした方が絶対に速いので必ず大問ごとにマークするようにしましょう。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

第3問は主張・文章の言い換えや要約の問題が出題される傾向にあります。よく英文の解き方のコツで問題文から読むことを勧められますがこの設問に関してはあまりおすすめしません。

なぜなら選択肢は要約や抽象的な言い換えであることが多いため、問題文を読んでいないと具体的なイメージが湧かず逆に時間がかかってしまうからです。

問題文を読んでからであれば、問題文が具体例となって選択肢の抽象的な表現が何のことを指しているのかがわかりやすくなります。

第4問はグラフや図表と英文が複合した問題が出題されます。頭から解いていた場合、だいたいこの辺で集中力が途切れるので再度ネジのまき直しをする必要がありますね。

この大問はセンター試験特有の問題形式なのでしっかり対策する必要があると思います。対策としては第4問だけを集中的に演習するというのも有効です。

『センター試験予想問題パック』は本番のセンター試験よりも難易度が高めなので、試験直前に解くことで問題形式に慣れることができます。また制限時間を本番の想定よりも短く演習し、さらに負荷をかけたことで本番の緊張感の中でも冷静に解くことができましたね。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

第5問・第6問は長文読解です。第5問が日常的な柔らかい英文で、第6問が論説文的な堅めの英文といった特色があります。

これらの長文ではまず選択肢の内容から問題文の内容を推測することが重要だと思います。設問は問題文の流れに沿って構成されているので、問1から順番に見ていけば大体の英文の内容を想像することができます。
さらに重要なのは選択肢を読むことで、問題文を強弱をつけて読むことができるということですね。

どういうことかというと、選択肢で何が問われているかを把握することで力を入れて読むべき部分・力を抜いて読んでもいい部分を自分の中で色分けして読むことができるということです。

どの部分に力点をおけばいいかがわかれば、例えよくわからない単語や表現があったとしてもその部分に余計な時間を割かなくてもよくなりますよね。

もちろんこのように強弱をつけて文章を読むというテクニックは第5問・第6問以外の大問でも意識することが重要です。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

以上様々なコツやテクニックを書いてきましたが小手先だけの知識ではセンター英語には通用しません。

十分に多読と精読を重ね、その上で先述したような部分を意識すると比較的効率的に学習することができるのです。

結局のところ真摯に英文と向き合い、わからない部分をわかる部分に変えていくことでしか真の英語力の向上はありえません。

英語はセンター試験の中でも得点源になりうる科目です。英文から逃げず、しっかり対策した上で臨みましょう。みなさんが本番で満足のいく点数を取れることをお祈りしています!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ