2019年03月28日更新

2016年愛知教育大学教育学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-25.jpg
年度
2016年(現役)
入学
愛知教育大学教育学部
合格大学
南山大学人文学部
出身高校
愛知県・県立・豊田西高校
センター試験
英語 165点 / 数I・A 58点 / 数II・B 60点 / 国語 192点 / 日本史 86点 / 倫理・政治経済 68点 / 生物基礎 31点 / 化学基礎 23点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

第1志望だった名古屋大学に向けた勉強に集中したかったのと、あまり両親に金銭的な負担をかけたくなかったので、私立は南山大学の人文学部しか出願しませんでした。私立はセンター利用だけにしようかとも思ったのですが、万が一のことを考えて一般入試も受けました。名大の勉強をしていれば南山にも受かるだろう、という考えのもと、南山に向けた勉強は特にしませんでした。

後期では名古屋市立大学か愛知県立大学に出願する予定だったのですが、センターの結果を見て、前期で挑戦する代わりに後期は安全圏の愛知教育大学にしました。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

名古屋大学は国語、英語の点数が伸びてきて、少し希望が見えていました。日本史も得点を上げる必要はありましたが、それよりも数学の記述を1問でも完答できるかどうかが、合格の鍵になると感じていました。

名古屋市立大学や愛知県立大学は、前期で受ければよっぽど合格するだろうと。滑り止めで受けた南山は、過去問は1度しか解きませんでしたが、特に問題なかったので心配はしていませんでした。

愛知教育大学はセンターが終わるまで受けることを考えていなかったので何とも言えませんが、受けると決めたときにはセンターの結果からすれば大丈夫だろうと感じていました。小論文はありましたが、文章を書くことは苦手ではなかったので、前期終了後から2週間特訓すればいける自信がありました。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

私は担任から「センターで680点を超えたら名大を受けて良い」と言われていたので、とにかくそこを目指して勉強していました。なので、当日685点でぎりぎり目標を超えられたときは、喜んだり、本来ボーダーである720点をとれていない焦りを感じたりする間もなく、ひたすら2次試験の勉強をしていました。

私立の結果も予定通り合格できたので、そこで感情を左右されることはありませんでした。

1番堪えたのは、前期試験の結果発表の後も後期の勉強が続いたときでした。名大が不合格となり、発表日の夜に先生に泣きながら連絡をして、翌日から後期の小論文指導を再開。みんなが合格して受験生活から解放された中でも続く勉強はなかなかつらかったです。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

試験本番までに1番気持ちが荒れたのは年末でした。苦手だった日本史が安定して8割とれるようになってきたのに、大晦日に過去問を解いたらまさかの57点。おかしい、と思って何を思ったかもう1年分過去問を解いたら、さらに下がって52点。その後復習したこと以外は覚えていませんが、直前に急に点数が落ちてかなり焦りました。

また、センターが終わって2次試験の勉強に切り替えたときに焦ったのが国語です。センター直前期でも記述の勉強は定期的にするようにはしていましたが、集中的に記述対策をしていた夏休みに比べるとどうしても記述力は落ちていました。最終的に夏よりも書けるようにはなりましたが、センター直後はほぼ文章が書けなくなっていて、一瞬頭が真っ白になりました。

こういった経験をして思うのは、焦った時こそ人と話すことが大切だということです。幸い私には話を聞いてくれる友人、家族、先生がいたので、焦った気持ちをずっと引きずることはありませんでした。暗い気持ちを自分の中に閉じ込めておくと、物事はどんどん悪い方向にいってしまいます。登下校や食事の時だけでも構わないから、とにかく人と話すことが大切だと思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

国公立を受ける人は必要とされる教科数が多く、時間が足りないといって焦ることがあると思います。その気持ち、とても良くわかります。でも、焦ると無駄な勉強をしたり、気持ちばかり先に行って勉強が手につかなかったりと、あまり良いことはありません。自分が今どんな状況にあっても、目標とのギャップを正しく把握し、そのギャップを埋めるための最適な勉強をするべきです。とにかく冷静になれってことですね。

あと、志望校を決めるときに、自分の理想だけで決めないことです。私は自分の行きたい大学のことしか考えておらず、前期は名大、後期は名市大か愛県大と決めてかかっていました。でも、センターの結果を見たら後期はそれでは厳しく、急遽他の大学を調べて愛教大に変更。正直気持ちの整理に多少なりとも時間がかかりました。現実的なことだけど、試験に失敗したときのことも考える。メンタルの安定を考えるとこれも必要なことです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ