2019年03月28日更新

【センター化学】2017年鳥取大学医学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-24.jpg
年度
2017年(現役)
入学
鳥取大学医学部
出身高校
大阪府私立清風南海高校
センター試験
英語 183点 / 数I・A 100点 / 数II・B 87点 / 国語 149点 / 化学 77点 / 物理 91点 / 日本史 78点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

医学部を志望していたので9割を目標にしていました。そのためには暗記で解ける問題を落としてはいけないと意識していました。また暗記で出来る問題を素早く解き計算問題に時間をかけることが大切だと思っていました。

また電離度や濃度などほぼ毎年出てるような計算問題はどのような問題がでても解けるようにしなければいけないとおもっていました。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

化学が苦手で5月の第1回マーク模試で40点台だったので基礎をしっかり理解しようと思いエクセル化学の理論を完璧にしました。夏休みに入りエクセル化学に加えセミナー化学も取り組み高分子以外は2周しました。その成果がでて8月のマーク模試では100点をとることが出来ました。

その後マーク対策としてZ会の短期攻略センター化学、河合塾のマーク式総合問題集、駿台の実践問題集・Vパックを解きました。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

理論の計算問題を時間の余裕をもってゆっくり解きたかったので、マークミスに気をつけて無機→有機→高分子→理論の順に解くようにしていました。選択問題は両方解いて自信のある方を選択していました。

また考えてもわからない問題が出た時は選択肢にある答えから逆算して解法を考えたり、作成者がどこでひっかけたいのだろうと考えたりすることもありました。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

基礎から理解するためにセミナー化学やエクセル化学などの基本的な問題集をしたことで本質を理解できたり、問題慣れすることができえ典型問題を見ただけで解法が浮かぶようになったりしたので本当にやってよかったと思います。

また無機化学を暗記するために自分でノートを1冊まとめたのも試験場での確認などに使えたので良かったです。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

化学は基本的な問題集を完璧にすれば必ず伸びる努力を裏切らない科目だと思います。実際に化学嫌いで最初のマーク模試で40点台だった私は化学が好きになりました。

しかし、マーク模試でいい点数をとり怠けてしまい直前期に暗記の部分を適当に詰め込んでしまい本番で目標とはかなりかけ離れた点数をとってしまったので直前期は最後まで穴がないようにしっかり詰め込んで下さい。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ