2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年静岡大学情報学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-24.jpg
年度
2017年(現役)
入学
静岡大学情報学部
出身高校
愛知県名古屋市立菊里高校
センター試験
英語 155点 / 数I・A 65点 / 数II・B 67点 / 国語 141点 / 世界史 89点 / 倫理・政治経済 74点 / 生物基礎 50点 / 物理基礎 40点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター世界史は満点を目指してやっていました。実際には9割しか取れませんでしたが、満点を目指すうえで気を付けていたのはケアレスミスです。世界史を勉強していく中で覚えた知識をいざテストで使うときに見たことある人物名や事件だけで判断してしまい、実は年代が違ったりすることがよくありました。

後で見返すとなんてことのない問題が多く、せっかく覚えたのに上手く実践に活かすことが出来ていませんでした。もう一つ気を付けていたのは地図の把握です。世界史の問題では都市の場所が問われるので勉強する都度出てきた場所の把握を徹底しました。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使っていた参考書は山川の世界史Bの教科書と帝国書院の資料集、山川の単語集、世界史の見取り図、センター試験への道です。世界史を本格的に始めたのは3年生からで、学校の進む速度では遅いと感じたので自分で教科書を一通り読みました。

一通り読むといってもかなりの量があるので世界史の見取り図を並行して使いながら集中力を持たせました。世界史の見取り図は東進の荒巻先生が書いている本で、この本を読めば世界史が満点取れるといった目的では書かれておらず世界史とはどのような学問でどんな知識が必要なのかが書かれていました。しかし無味乾燥な世界史を勉強していくにはこのような本で興味を持つことも大事だと思い読んでいました。

何度も読みながらだんだんと流れを覚えて単語も覚えていきました。センター試験への道は分野が区切れるごとにやっていきました。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

世界史は本番でもすべて解き終わっても時間は余るくらいなので時間配分や解く順番を気にしませんでした。上でも書きましたがしっかりと知識があれば満点近くは狙えるはずなので気を付けなければいけないのはケアレスミスです。

家や塾で問題を解いているときはイージーミスに気づいて直すことができるのに、模試ときになるととりあえず無事に解けたことに安心してしまい見直ししても気づかないことがありました。なのでそこを修正していけるように意識していました。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

やって後悔したことは特にないです。センターに限らず二次試験対策も含めてやって良かったのは同年代の出来事を逐一チェックしたことです。資料集に載ってた世紀ごとの世界地図をよく見ていました。歴史は縦の流れをしっかりと把握することも大事ですがそれと同じくらい横の繋がりを意識することも大事です。

そうすると年代ごとの世界が繋がっていくので頭の中で歴史がたどれるようになります。またセンターでは○○世紀に起こったことではないのはどれかを選ぶ問題が出題されたりするので、その類の問題に答えるためにも必要です。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

ほとんど上に書いてしまったのであまり書くことがありませんが、一つ言えることは世界史を丸ごと暗記しようとしても普通の頭じゃ無理です。そもそも英単語みたいにすべての用語を覚えても高得点をとるのは難しいと思います。少しづつ工夫して流れをつかんでいくことが大切です。

もちろん用語を覚えないと始まりませんが、そこで終わりではないのです。同級生に用語集をランダムに開いて出てきたページをひたすら覚えている友達がいました。なんで毎回ページを変えているのか疑問に思い聞いてみると「まだ全ページ見れてないからどこからやってもいいから適当に開いたページを覚えてる。どうせ全部覚えるんだし。」と言っていました。

このとき別に勉強に正解はないから特に言い返したりもしませんでいたが、今考えると効率が悪かったと思います。少なくとも一つのテーマで区切るくらいにしないと本当にただ覚えるだけになってしまいます。

あと世界史に限らず単語や用語を紙に沢山書く人がいますが正直時間の無駄だと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ