2019年03月28日更新

【センター日本史】2016年愛知教育大学教育学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-24.jpg
年度
2016年(現役)
入学
愛知教育大学教育学部
合格大学
南山大学人文学部
出身高校
愛知県・県立・豊田西高校
センター試験
英語 165点 / 数I・A 58点 / 数II・B 60点 / 国語 192点 / 日本史 86点 / 倫理・政治経済 68点 / 生物基礎 31点 / 化学基礎 23点

センター日本史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター日本史は8割を目標にしていました。そのために重要視していたことは、1度間違えた問題は2度と落とさないこととケアレスミスをしないことです。

過去問や問題集を解いていると、何度も間違える問題があります。こういう場合、その問題だけ分からないというより、単元そのものを理解できていないことが多いです。なので、自分の間違えた問題に対応する単元を復習するようにしていました。

また、小さなミスを重ねると8割なんてあっという間にきってしまいます。問題を解き終えた後に2、3回確認することが大切です。

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター試験に向けては、教科書・資料集・授業プリント・過去問を使用していました。
3年直前の春休みから教科書を読み始めました。1回目はざっと読んで、2回目以降は授業プリントと併用しながら精読しました。教科書だけでは理解しにくい時に資料集を参考にすると役に立ちます。

また、私は前期に受けた名古屋大学で日本史の記述試験があったので、記述にも対応できるように勉強した結果、センター試験も解けるようになった部分は大きかったです。

Sponsored Links

センター日本史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

時間配分や解く順番は特に意識していませんでした。それよりも、問題を見たらすぐ解けるようになるまで勉強することのほうが重要だと思います。

試験中に気を付けていたことは、必ず解きなおし、確認を2回以上することです。解き終わった後は、正誤問題なら誤った選択肢の何が間違っているのか、年代順に並び替えるならその選択肢の年号・時代は何なのかということも含めて確認していました。そうすることで、自分の答えに自信が持てるし、得点も安定してきます。

センター日本史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

過去問・問題集を解いた後、単元ごとに復習したことが当日の得点につながったと思います。間違った問題だけ確認するのではなく、全体的に復習することで、1回の復習で解ける問題は一気に増えます。

後悔したことは、教科書の用語部分に暗記マーカーを引いて、隠しながら教科書を通読したことです。用語の意味をまともに覚えていない状態で、同時に流れを確認しようとした結果、用語も歴史の流れも中途半端になり、非常に時間を無駄にしたと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター日本史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

日本史の勉強に用語の暗記は必須です。よく「日本史は暗記ではない」という言葉を耳にしますが、その意味を間違って受け取った私は、歴史の流れを勉強していくなかで用語も自然と覚えられるものだと勘違いしてしまいました。結果、用語も流れも中途半端で、なかなか日本史に自信が持てなくなってしまいました。

日本史は覚えることが多くて勉強が大変ですが、面倒くさがらずに、「点」である人物名や事件名とその意味を覚え、歴史上の出来事がなぜ起こったのか学び、「点」を「線」でつないでいくことが大切です。これが、「歴史は暗記ではない」とうことの本当の意味だと思います。

そのために、理想としては2年後期あたりから、単元ごとに学習をして、少しずつでも着実に知識を増やしていくことが大切です。私は3年直前の春休みから総復習を始めましたが、もう少し早くやっておけばよかったと後悔しています。立てた計画は思う通りにいかないことを常に頭に入れておいて、少しでも早く対策しましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ