2019年03月28日更新

2013年東京大学文科三類合格者の国語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-16.jpg
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

東大国語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私の東大国語の目標点は80点でした。東大入試では全ての科目で平均6割を越えれば十分合格最低点を超えることができます。中でも国語は他の受験生もそれなりの点数を取ってきますので6割+αで80点取ることが必要だと感じていました。

東大国語の配点は公表されていませんが東大模試を参考にすると第一問40点、第二問30点、第三問30点、第四問20点。

現代文は難易度が高く満点答案を作りづらいのに対して、古文漢文は比較的簡単で和訳や説明問題で満点答案を十分狙える難易度です。

そのため古文漢文で確実に8割=50点の得点を確保し、現代文で部分点を狙いながら30点分を上積みするのが基本的な戦略になります。

時間配分や順番は第二問35分→第三問35分→第四問35分→第一問45分で解いていました。

本格的に東大国語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

東大の過去問対策は高校3年生になってから始めました。過去問自体は赤本を用いて10年分ほど遡って解いたと思います。

そのほか河合塾の『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』という5回分の東大模試の過去問がまとめられた問題集も1冊ずつやり終えたので合計で20年分ほどは解いたでしょうか。

過去問自体は10年分もやれば傾向は掴めますが現代文はしばらく答案作成をやらないと感覚が鈍ってしまいます。なので東大模試の過去問も使いながら現代文の答案作成だけでも週に1題程度のペースでやったほうが良いでしょう。

Sponsored Links

第一問現代文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東大の現代文の解答欄は60~80字程度と他の大学に比べても短いです。

その中にいかに加点要素を盛り込めるかが勝負の分かれ目になってきます。そのため現代文ではなんとなく答案を作成するのではなく、常に加点要素を意識して対策を行うことが重要になります。

一番いいのは誰かに答案を添削してもらうことですが、独学で行う場合は河合塾の『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』が自己添削する上で有効です。

東大模試の際に採用された採点基準がそのまま掲載されているので自己添削するには最適です。

特に大問の最後にある200字程度のまとめ問題は必ず採点基準を読み、自己添削して自分の書ける答案をブラッシュアップする必要があるでしょう。この部分の答案作成練習は時間がかかるのでできるだけ効率的に行いましょう。

私は以下のようなやり方で答案の作り方を研究していました。
①答案を作成するのに必要な要素だけをメモする。
②この段階で採点基準と照らし合わせて過不足を洗い出す。
③過不足だった部分についてもう一度問題文を読み直し、その部分が必要あるいは不要な理由を考える。
④実際に答案を作成する。

入試本番では①までである程度点数が決まります。なので①の精度を高めていくのがこの対策の目的です。おそらくこの設問は配点が高いので対策に時間をかける価値は十分にあります。

第二問古文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東大古文ではそれほど単語量はいらないので単語帳は「重要古文単語315」で十分です。

ただし現代語訳の問題で多義語が問われることもあるので多義語は語義まで遡ってきちんと覚えることが必要でしょう。

文法なども一般的なことしか問われませんので、学校指定の文法書で十分。しかし曖昧な部分があると足元をすくわれるのできちんと覚える必要があります。学校の定期試験でどうせ学習しなくてはならないので、高校1・2年のうちからきちんと押さえておきましょう。

基本的には学校の定期試験レベルがクリアできていれば文法事項は問題ないですが、高校1・2年の時にサボっていた人は要復習です。

仕上げとして現代文と同じく、加点要素を意識した答案作成のために『入試攻略問題集』、駿台の『実戦模試演習』で自己添削を行えば完璧。ある程度点は取れるようになっているはずです。

とにかく古文漢文では基礎を大事にする、ということを意識してほしいと思います。

第三問漢文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東大漢文も古文と同様に東大国語の中では比較的簡単な方です。単語なども覚えなくてはいけない量が少ない分、古文よりより簡単と言えます。

文法事項は古文と一緒です。学校指定の句形書で定期試験の際に覚えていくのが楽です。

そんなに数は多くないですし問題を解く際に何度も使うので、一回きちんと覚えてしまえば二度と文法だけを復習するということはしなくていいので。

また東大特有の漢詩文問題などは当時のイメージがあるとだいぶ解きやすくなります。

漢詩文は少ない情報から何を言っているかを読み取らなくてはならないのでその漢詩文が成立した時代背景を知っているとより内容がわかりやすくなるのです。

古典常識などは軽視されがちですが知っているのと知らないのとでは意外と差がつくものです。国語の便覧に載っているような古典常識にも目を通しておくと良いでしょう。

第四問現代文対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東大国語の中でもっとも難しいのは随筆的な論説文が出題される第四問だと思います。東大模試でも平均点は20点中5~6点と、非常に受験生が苦戦する大問です。私も例に漏れず非常に苦手としていました。

はっきり言ってこの設問の得点をあてにすること自体が、東大国語の受験戦略上は間違っています。この設問がたとえ0点だったとしても、十分合格圏内である得点を第一問から第三問までで確保しておくべきです。

とはいえ実際に0点では困りますので練習は積まなくてはいけません。

有効な対策の手段としては、『入試攻略問題集』、『実戦模試演習』で1問につき最低2点は確保できるように問題演習を積むことです。どうしてもこの大問が苦手、と言う人は1点でもいいでしょう。

点数をあてにできない大問なので各設問で0点は絶対に回避するくらいの気持ちで臨むことが重要です。

東大国語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問の復習や解き直しの際には、模範解答のフレーズをノートにストックするようにしていました。

東大国語では先述した通り解答欄が短く、それほど多くの要素を答案に盛り込むことができません。しかし受験生としては考えたことを色々書いておきたくなるのが人情だと思います。

そこで自分が言いたいことを端的にかつ過不足なく表現できる言葉を自分の中にストックしておくことが必要になるのです。

そのために過去問を復習する際に自分が答案で表現したかったことを端的に示した表現があればそれをノートに書き写し、スキマ時間にノートを見返すようにしていました。

東大国語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

本番の点数に直結することとして1点、本番のアドバイスを書きます。

東大の現代文は満点の答案を作成しようと時間をかけるよりもそれなりの答案を作成し空欄を作らないことが重要です。

はっきり言って東大の現代文で狙って満点答案を作成することは不可能です。自分としては最高の答案を書いたつもりでもそれが2点や3点の評価であることなどざらにあります。

ですので1つの問題に固執せず全ての問題でそれなりの答案を作成したほうが全体として得点は向上するのです。

本番はプレッシャーもあり普段よりも良い答案を作成しようと気張ってしまうと思いますが、3点取れれば儲けもんという気持ちで臨むことが大切です。

最後に合格したからこそ言える東大国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大国語は東大入試の中でも特に受験生の差がつきにくい科目です。だからこそ、ここで点数を落としてしまうと全体に大きく影響してしまいます。

現代文などがあり対策がしづらい科目ですが、だからこそ日々の積み重ねが結果となって表れます。できれば週に1回程度は現代文の読解に触れ、感覚を養うようにしましょう。

東大国語を見事攻略し、来年の春にみごと合格通知を手にされることを心から願っています!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ