2019年03月28日更新

【センター化学】2017年京都大学薬学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-23.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学薬学部
合格大学
同志社大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
早稲田大学人間科学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 90点 / 数II・B 100点 / 国語 135点 / 化学 97点 / 物理 95点 / 地理 91点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私は最初、9割を目標としていました。高3が始まった当初は無機化学の内容をほとんど覚えておらず、大問3の点数が他の大問に比べてとても低かった覚えがあります。無機化学を勉強するようになってからは安定して8割は確実にとれるようになりました。また、計算問題は絶対に落とさないようにしていました。センター試験の計算問題はよく考えれば必ず解ける問題になっているので何回も見直しをするべきだと思います。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター対策としては12月になってからセンター試験過去問レビューを解きました。間違えた問題はノートに書き留めるようにし、同じ間違いを二度と繰り返さないようにしていました。20年分解き終えるころにはだいたい9割を超えるようになりました。

そしてその後はセンター試験予想問題パックをできるだけ多く解きました。たくさん解いたおかげで見たことのない問題が出てきたときに動揺しないようになることができるようになりました。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

私は解く順番は順番通りに解きました。時間配分は、大問1、2は計算問題や考えなければならない問題が多いため30分かけ、大問3~7は暗記問題なので20分かけ、残り10分は見直しにあてていました。

計算問題は見直したときに案外間違いが見つかるので、見直しの時間は必ず取るべきだと思います。また、無機化学や有機化学で知識を問われている問題がわからなかった場合、考えても思い出せないことが多いので諦めてすぐ次の問題にいくほうがいいと思います。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

マーク模試や過去問、またセンターパックで解いた問題で間違えたところを一冊のノートにまとめておくことをお勧めします。そうすると、センター試験当日の休み時間は長く、あの参考書もこの教科書もみなければならない、と思ってばたばたしがちですが、ノートを作っておけば慌てることなく落ち着いて休み時間にそれを見て過ごすことができます。

やらないほうがいいことは12月を過ぎてから新しい参考書や問題集に手をつけることですね。思うように点数がのびなかったら焦りだして新しい参考書などを買ったりしますが、これらはとても細かいところまで書いていることもあるため、直前期に読むとかえって不安になるだけです。あまりお勧めはしません。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター試験の化学は努力すればするほど伸びます。最低でも過去問だけは解きましょう。それだけで結果はかなり変わってきます。また、センター試験数日前は今までに間違えた問題の復習をしましょう。新しい問題に触れてしまうと不安になるだけです。

センター試験はとても緊張すると思います。ですが、平常心で受けることができればいつもと同じくらいの点数がでると思います。最後は落ち着くことに専念しましょう。最後まで諦めずに頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ