2019年03月28日更新

2017年京都大学薬学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-23.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学薬学部
合格大学
同志社大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
早稲田大学人間科学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 90点 / 数II・B 100点 / 国語 135点 / 化学 97点 / 物理 95点 / 地理 91点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

試験日程に関しては入試の日程が立て続けにならないように気を付けました。また私の場合、浪人はしたくなかったのでいくつか私立大学を受けました。

私立の併願校は京大受験者の多くが受ける同志社大学と早稲田大学を受けました。そこでは入試の緊張感を味わうことができ、良い経験となりました。また、前期試験の前に合格がもらえると安心して試験に臨むことができると思います。国公立の中期、後期に関してはぎりぎりまで工学部と迷いましたが、先生に現役時代は最後まで伸びるから挑戦になっても大丈夫だと言われたので薬学部にしました。

最終的にこの試験日程に決断したのは、最初は慶應大学や大阪薬科大学を受けるか迷っていたのですがあまりに受けすぎても本命に向けての勉強が十分にできないと思ったからです。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

同志社大学に関しては過去問の出来から絶対に受かるだろうと確信していました。早稲田大学は過去問を試験の数日前に一度解いてみると問題数が多いうえに難しく、落ちるかもしれない、ととても焦った記憶があります。

京大に関しては過去問ではそんなに悪い点数がでていなかったので、数学がいつも通りで英語の点数がよほど悪くなければ受かるだろうと思っていました。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

私がセンター試験後にたてた計画では、私立入試の日は量を少なめにして少しは二次対策をする予定だったのですが、実際その日になってみると入試が終わった後は疲れで勉強が手につきませんでした。また早稲田大学に関しては、前日に東京まで新幹線で出てホテルに泊まったのですが、私は新幹線で酔ってしまい入試当日だけでなく、前日までも勉強できませんでした。

私立の合格発表が近づいてくるとそれに気がとられて勉強に集中できなくなりました。その後、合格したら合格したでうかれてあまり集中できませんでしたね。実際に入試をこなしてみると、最初にたてた計画が大きくずれました。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

私が一番感情的に厳しかったのは、センター試験直後です。12月に入ってからはセンター試験に向けての勉強しかしていなかったので、二次に対応する能力が低下していました。それまで解いていた問題集や過去問が全然できず、とても焦りました。京大から地方大に志望校を変えようかと思ったほどです。

私はこのままではだめだと思い、担任の先生に相談しました。先生には妥協はだめだよ、今妥協してしまったら将来後悔するよ、と言われたため第一志望を京大のままにすることができました。

そこからは二次試験までの計画をたてました。私立入試で計画が狂うところもありましたが、何とか最終的には計画を達成することができ、これが合格につながったのだと思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

京大をはじめとする国公立大志望の人たちは、私立を本命としている人々がどんどん合格していく中で勉強し続けなければならず、とてもしんどいと思います。しかし、しんどくても最後まで諦めずに勉強し続けることが大切になってきます。最後まで粘りましょう。

私立入試は合格すれば自信につながります。また自分の苦手の分野を二次試験の前に発見できることもあります。なので私は国公立一本に絞るのではなく、私立も一つは受けることをお勧めします。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ