2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年京都大学経済学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-22.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学経済学部
出身高校
大阪府立天王寺高校
センター試験
英語 184点 / 数I・A 80点 / 数II・B 80点 / 国語 144点 / 日本史 90点 / 世界史 91点 / 生物基礎 50点 / 化学基礎 50点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

京都大学を目指すのであれば、最低でも9割は欲しいところです。過去問や山川出版のセンター試験問題集を繰り返し解けば、同じような問題が何度も出題されていることが分かると思います。そのような問題は絶対に落としてはいけないです。

30年戦争やスペイン継承戦争などの時期は様々な戦争に加えて条約も多くでてくるので、しっかり区別することが大切です。それ以外でも、ややこしいものはセットで覚えてしまったほうがいいと思います。また、古代は縦だけでなく横のつながりも意識して勉強するとよいでしょう。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

山川出版社のセンター試験問題集(分野別のもの)、河合出版の黒本などを何度も反復しました。しかし、本格的に世界史の勉強を始めたのは高3の夏からでした。それまでは英数国の勉強で手いっぱいで、なかなかまとまった時間勉強することができませんでした。

その結果としてか、高3のマーク模試で60点台しか取れなかったのでさすがに危機感を覚えました。実際に問題を解き、資料集と教科書を並行で読み進めてマーカーなどでチェックしていくと効率が良く、知識も早く身に付き、さらに復習もしやすいです。一回に3時間ほどかけてじっくり勉強を進めました。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター世界史を解くときは時間が足りなくなることはないと思っていたので、1周目はあまり意識しすぎずにしっかり問題を読んで正確に解くようにしていました。そして、残り時間をマークミスのチェックをしてから見直しに充てるようにしていました。

ここでのポイントは、自分が1度目に解いた答えを見てから「あっているかどうか」を確認するのではなく、もう一度一から解く、という気持ちで見直しをすることです。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

私がぜひ、受験生の皆さんに実践してほしいと思うセンター世界史の勉強法は、2つあります。

1つ目は、歌を使った暗記法です。はやりの歌などは、何度も聞くことで覚えることができますよね。模試で60点しか取れなかった時期、私はその仕組みを使って、世界史の語句をつないだ歌詞を好きな曲に乗せ、スマホで録音して通学中に何度も聞き始めることにしました。

そうすると、問題を読むだけで頭の中に歌が流れ、自然と答えが出てくるようになりました。そして、点数は80点台、90点台と上がりました。この方法は少し恥ずかしいかもしれませんが、少しでも合格に近づけるのなら何でもしたほうがいいと思います。

2つ目は、問題と資料集・教科書を並行して使うことです。私は模試60点台の時期、「ちゃんと勉強しなおさないと点数が上がらない、合格できない」と焦りましたが、どこから手を付ければいいのかわかりませんでした。

資料集を読んでも全然頭に入ってきませんでした。そこで私は、とりあえず実際の問題を解いてみることにしました。

すると、どういったところが出題されるのか、どんな風に出題されるのか、どこを重点的に勉強すればいいのか、何と何を区別しなければいけないのか、などがわかるようになりました。そうすることで、効率的に勉強を進めることができました。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

まず、上でも述べましたが、見直しは「確認」ではなく、「解き直し」をすることがポイントである、ということです。また、少しでも合格に近づけるのであれば様々な勉強法を取り入れてみるのがいい、ということです。

センター試験の直前は、自分の間違えやすいところをノートにまとめたものを見返したり、資料集・教科書をしっかり確認するのがいいと思います。そうすれば気持ちも落ち着いて試験にのぞめると思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ