2019年03月28日更新

【センター生物基礎】2017年早稲田大学社会科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-21.jpg
年度
2017年(現役)
入学
早稲田大学社会科学部
合格大学
立教大学社会学部
出身高校
神奈川県県立平塚江南高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 78点 / 数II・B 79点 / 国語 169点 / 世界史 97点 / 倫理・政治経済 74点 / 生物基礎 50点 / 化学基礎 44点

センター生物基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私は文系でしたが、理科は重要な科目でした。私が受験した第1志望の大学・学部はセンター試験の中では理科基礎の配点がもっとも高かったのです。数学や世界史の配点が20点に対して理科の配点は100点でした。必然的に高得点が求められる科目です。生物基礎は得意科目の1つだったので目標点は満点でした。

センターの生物基礎で満点をとるために1番重要であると感じていたことは、基本的な問題を落とさずにほかの受験生が解けないような難問も解けるようになることと、もったいないミスをしないことです。当たり前のことのようにも思えますが、なかなか難しいことでしたね。模試では思うような結果はでませんでした。

センター試験では、教科書レベルの基本的な知識しか求められません。一見難問であっても使うのは基本知識です。なので対策の中心は教科書を隅から隅まで読み込むことです。私は特に腎臓機能やホルモンの仕組みが苦手な分野でした。自分が理解しやすいように図を書いて目に入りやすい場所に貼っていました。

基本的な知識をマスターすることでやっと難しい問題を解く力がつきます。難問であっても基礎事項をいかに使うかが大事だと思います。突拍子もない知識が求められる問題はおそらく出ないので、着実に教科書レベルの知識を理解することが満点への近道です。なので、私は難しい参考書を購入する必要はないと考えています。

センター試験本番で1番怖いことがケアレスミスです。試験中はどうしても緊張したり焦ったりしてしまいます。問題文を最後までちゃんと読まなかったために、「不適切なものを選ぶ」問題なのに適切なものを選んでしまうというミスが山ほどありました。どれほど対策してもやってしまうミスなので悔しかったです。満点をとるためにはケアレスミスをなくさなくてはなりません。

センター生物基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター生物基礎の対策で使った教材は、学校の授業で使用した教科書とセミナーというセンター対策用の問題集と模試の過去問でした。最初に教科書で理解をし、セミナーで問題演習をすることで理解を深め、模試の過去問で試験の形式に慣れるという手順で対策しました。

生物基礎の全範囲は高2の春で終えていたので、高2の夏から復習を少しずつコツコツやりました。授業で使ったプリントを見直したり、教科書の章末問題を解いたりして授業で習ったことを忘れないようにしました。高3になるとやはり数学や世界史の勉強に多くの時間を使いたいので、高2までに理科の総復習を1回やると少し心に余裕が出ます。

高3の夏休みには集中的に対策をしました。教科書、セミナー、模試の過去問の3つの教材を使って毎日2時間くらい理科をやり、全範囲を一通り復習しました。ホルモンや腎機能や免疫など苦手な分野を重点的にやりました。なぜ夏に全範囲を総復習したのかというと、秋は数学の勉強をきっちりやりたかったからです。まとまった時間がとれるのは夏休みが最後だと考え、授業が再開する秋は限られた時間を数学に費やしたいと思いました。

高3の12月からセンター試験の対策に専念しました。センター試験の理科で基礎がつく科目が導入されて間もない年だったので、過去問が2年分しかありませんでした。なので私は河合塾やベネッセ模試の過去問を解いて実戦形式の対策をしました。毎回時間を計って時間配分も考えて解きました。模試の問題は実際の問題よりも難易度は低いように感じましたが、今まで見たことのないような問題を解く練習になりましたのでおすすめです。12月からセンター本番まで毎日1時間は必ず生物基礎の勉強をしました。

Sponsored Links

センター生物基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター生物基礎を解くときに意識していたことは、落ち着いてテンポよく解き進めることです。解く順番はとくに考えず最初から順番に解いて大丈夫だと思います。時間配分としては、単純な穴埋め問題などには時間をかけず、難しい計算問題やグラフの問題に時間をかけることができるようにしました。

解くスピードも大事ですが、ちゃんと教科書を読み込んで基本ができていれば時間が足りなくなることはないので、スピードよりも落ち着いて解くことを意識していました。焦るとケアレスミスをしてしまうので、落ち着いて問題文をしっかり読むようにしましょう。

あと、緊張をほぐすために試験が始まったらすぐに解き始めるのではなく、まず問題文を一通り見ました。パラパラと問題を見ることで心を落ち着かせることができました。

センター生物基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター生物基礎本番の点数に直結した対策は、高2のときにやった復習したことと模試の過去問を何度も解いたことです。高3になると行事で忙しくなるため1番苦手だった数学の勉強を多くやりたかったので、センター試験でしか使わない理科にあまり多くの時間と労力を使いたくありませんでした。高2までに復習を少しでもやっておいてよかったと思いました。毎週日曜日だけとか、2日に1回30分だけでもいいと思います。

模試の過去問を解いたことで時間の感覚をつかむことができたので、模試の過去問を解くことは点数に直結した対策だと思います。セミナーという問題集で問題演習は繰り返しやりましたが、30分ときっちり時間を区切ってやっていなかったので、模試の過去問を解いて1問あたりに使える時間の長さを体に覚えさせました。

また、模試の過去問には今まで見たことない問題も出題されていたので、本番により近い練習ができました。そして自分が忘れていた知識を再確認することができました。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター生物基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

私が受験した大学・学部はセンターの理科の配点が高かったので、ほかの科目よりもしっかり対策しなければならないと焦りを感じたこともありました。しかし、苦手な数学や二次試験の中で配点が高い英語を勉強しなければなりませんでした。なので、毎回学校の理科の授業を集中して受け、復習をしていたことに本当に助けられました。短期集中型よりもコツコツ勉強するほうが知識を忘れにくいと思います。

復習をやることが大前提ですが、赤本や模試の過去問を解いて本番の試験の形式に慣れることも同じくらい重要だと思いました。過去問を解いて初めて気づくことが山ほどありました。例えば、普段の問題演習では思い出せた知識をど忘れしてしまったり、18問で終わりだと思っていたら実は次のページもあって20問目まであったりなど、過去問を解いてみるとミスを連発しました。その反省を生かして本番では焦らずにじっくり解くことができました。

私は塾にはいかず、完全に独学でした。でも難しい参考書は使わず、教科書とセミナーを使って復習するというシンプルな勉強法でした。基礎の勉強を重視したシンプルな対策をコツコツ続ける勉強が私には向いていると思いました。皆さんも自分に合った勉強法を見つけて、その勉強を貫いてほしいです。応援しています。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ