2019年03月28日更新

2017年静岡大学情報学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-21.jpg
年度
2017年(現役)
入学
静岡大学情報学部
出身高校
愛知県名古屋市立菊里高校
センター試験
英語 155点 / 数I・A 65点 / 数II・B 67点 / 国語 141点 / 世界史 89点 / 倫理・政治経済 74点 / 生物基礎 50点 / 物理基礎 40点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試の前に特に意識して勉強したことはありません。模試のために詰め込んでも効率が悪い気がします。

復習は大事だと思います。ただ復習は人によってやり方が異なりますし、同級生の間でもわかりやすいくらい違いがありました。例えば模試をもう一度すべて解きなおす人もいれば、間違えた問題のみをやる人もいます。どのやり方が一番いいのかはわかりませんが復習をする以上それによって得られる利益をしっかりと考えてやるべきだと思います。模試の復習に時間を割いたために他のことに手が回らないということがあってはいけません。

自分の場合は模試をすべて解きなおすことはしませんでした。模試を集中して受けていれば、後で問題と解答・解説を並べてみたときに模試を受けていた時の自分の心情や焦りを思い出すことが出来、間違えた問題やわからなかった問題を効率よく集中して復習することが出来ます。集中して取り組んだ復習は頭に残り後で見直す回数が減ります。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

自分が受けた模試の中で落ち込んだ記憶があるのは10月に受けたセンターの全統模試です。夏休みの勉強の成果で大きく成績が上がった8月の模試から2か月後の模試であり、そろそろ実力がついてきて今回はさらに上がるなという自信がありました。

しかし実際には8月とさほど変わっておらず、下がった教科もありました。確かに二次試験の対策に力を注いでいた時期であり、センターの対策が少しおろそかになっていたかもしれません。この現実に対して「自分はこの2か月間何をやっていたんだ」と頭を抱えました。このままではまずいと思い必死に現状を分析しました。

精神的な反省は意味がないので、技術的な反省点を探すことにしました。今思うとこの時期は焦っていたのだと思います。今までそれなりに積み重ねたことが一気に崩される気がしました。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

結果が良かったときはその後調子に乗らないこと、結果が悪かったときは出来ない自分の現実を嘆きたくなる気持ちを抑えて技術面の反省に徹することが大切です。
受験生は模試の結果や周りとの比較で落ち込みがちです。気にしてないと言っている人も実は心の中で気にしているはずです。

ですから落ち込む自分をあまり責めないであげてください。成績がうまく上がらなかったり、苦手科目がなかなか克服できなくても自分の志望校合格への通過点だと思ってひたむきに勉強を続けてください。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

3年の初めの頃は記述模試の偏差値の方が低かったです。やはり記述形式の問題は知識があるだけでは解けないこともあり訓練が必要でした。例えば世界史の記述問題は指定された語句をすべて知っていたとしてもどんな流れで使っていけるかが慣れていないと難しいので数をこなす必要があります。

正直自分は記述模試に重きを置いていませんでした。それよりも赤本でひたすら過去問を解いた方が利益が大きいと考えていました。しかしセンター模試は逆に模試を多く受けようと思っていました。それはセンターにおいて大事な要素として時間配分があるので実践形式で鍛えるのが手っ取り早いと思ったからです。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

自分は情報学部がある大学に行きたくて前期で名古屋大学を受けました。ですから当然受験期は名古屋大学の対策を主にしていたので静岡大学を目指す受験生にアドバイスするのは難しいですが、大学受験を通していえることは自分をよく知ることだと思います。自分は何ができて何がまだできていないのかとか、自分はどれくらいの時間で記憶ができてどれくらいアウトプットに時間を割くべきかなどがむしゃらに勉強するのではなくしっかりとした計画のもと勉強を進めていくべきだと思います。

結果的に自分は志望校に行けませんでした。受からなかったことに対して言い訳をすることは簡単だし、言い訳すれば気持ちが楽です。ですが言い訳しても何も変わらなし、くだらないプライドなら捨てたほうがましです。受験勉強で自分がしてきたことに後悔はないし、誰にも何も言わせる気はありません。ですが皆さんにはできれば志望校に受かってほしいです。そのために今勉強してると思うので。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ