2019年03月28日更新

2017年京都大学経済学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-18.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学経済学部
出身高校
大阪府立天王寺高校
センター試験
英語 184点 / 数I・A 80点 / 数II・B 80点 / 国語 144点 / 日本史 90点 / 世界史 91点 / 生物基礎 50点 / 化学基礎 50点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

まず、私は絶対に私立の併願はしない、と考えていました。その理由としては、現役生であったこと、行きたい私立大学がなかったこと、私立大学に進学するには多額のお金がかかることなどがあります。

行きたくなくもない大学の勉強をするのは時間の無駄だし、受験料も無駄です。それなら本当に行きたい大学の勉強に専念したほうがいいです。また、私ははじめ後期試験を受けるつもりがありませんでした。「前期試験で絶対に受かる!!」と思っていたからですが、今考えるとずいぶん無鉄砲なことだったと思います。

しかし、センター試験でこけてしまった私は塾の先生に勧められて京大の法学部後期試験を受けることにしました。行きたい学部ではありませんでしたが、前期試験で落ちてしまった時のことを考えると受験票を持っていたほうが安心できると考えました。

結局センターが悪すぎて後期試験は足切りにかかってしまったのですが、受験申し込みはしてよかったと思います。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

私はセンター試験で大コケして、2日目の夜に自己採点して「落ちるんじゃないか」、と思いました。普段の模試よりも50点ほど低かったです。

しかし、その日の晩から京都大学の過去問を解き始めました。それからはあまり「落ちるかも」とかは考えず、ひたすら過去問を解き続けました。しかし、さすがに以前解いた問題が解けなかったときは焦り、不安がよぎりました。

ただ、そこで悩んでいたところでどうしようもないと思ったので、何度も何度も解きなおしていました。そのように過ごしていましたが、2次試験の1週間前、とても不安になってしまいました。

センターも悪くてボーダーぎりぎりだったし、「本当にこんなにも多いボーダーの人たちを、2次試験で抜けるのだろうか」、と思いました。しかし、その1週間の間で塾の先生などの力を借りて何とか立ちなおし、本番当日には「絶対に受かる」という気持ちで臨むことができました。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

受験期のスケジュールについては、センター試験後から2次試験までが最も濃く、大変でもありました。しかし、絶対に受かりたい、という気持ちはずっと変わらず、何とか最後までやりきることができました。

2次試験が終わってからは後期試験の小論文の勉強をその次の日から始めましたが、2次試験前ほどのやる気は出ませんでした。

想定外だったのは、京都大学は合格発表までかなり期間があいたことです。後期試験で足切りになったため、1週間半ほど緊張した日々を送っていました。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

私が感情的に最も厳しかった時期は、センター直後と、2次試験の1週間前です。センターは自己採点が悪く、また、センターリサーチでもボーダーぎりぎりのD判定だったのでかなりショックを受けました。

しかし、「2次試験が勝負だ!」と思って何とか踏ん張ることができました。そこからは比較的安定していましたが、2次試験の1週間前になって急に、とてもネガティブになってしまいました。それでも何とか本番までには立ちなおせたと思います。

私が思うには、感情の起伏を合否に影響させないためには、とにかく「自分は合格するんだ!」という気持ちを失わないことが大切だと思います。

「どうせ勉強してもうまくいかない…」なんて考えていては、絶対に合格はつかめないし、勉強も中途半端になってしまいます。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

併願するかどうかを決める際は、「試験慣れのため」ということは考えない方がいいと思います。それだけが理由ならば受けない方がいいと思います。なぜなら、私立の試験は独特だからそのための勉強をプラスアルファでしないといけないし、もし落ちてしまった時には精神的にしんどくなってしまうと思うからです。

第一志望の大学に落ちた時に、受かったとしたら行きたい、と思えるような併願校であれば受ける価値はあると思います。

そして、試験期間中は絶対に受かりたい、という気持ちを忘れないでください。京都大学経済学部は本当にいいところです。がんばってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ