2019年03月28日更新

【センター化学基礎】2017年京都大学法学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-18.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学法学部
合格大学
立命館大学法学部
同志社大学法学部
早稲田大学法学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 188点 / 数I・A 97点 / 数II・B 98点 / 国語 192点 / 日本史 100点 / 倫理・政治経済 90点 / 化学基礎 45点 / 物理基礎 42点

センター化学基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター化学基礎の問題は難易度が高くありません。そのため、基本事項を確実に抑えておくことで、高得点を狙うことができます。逆に、問題数が少なく1問ごとの配点が高いため、基本事項を落とすと満足のいかない結果となりやすいです。

知識問題と計算問題が出題されますが、計算問題に時間をかけるために知識問題は時間をかけずすぐに解けるように、知識の定着と、問題への慣れが必要です。

センター化学基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター化学基礎の対策は高三の春になってからの授業内で済ませていました。授業では過去問演習と解説が行われていました。過去問演習には、センター化学基礎の過去問を単元ごとにまとめた問題集を二冊ほど使用しました。

授業以外の時間で化学基礎の勉強をしたのは高3の12月中旬以降で、授業で扱っていた問題集をもう1周解き直しました。

また、化学基礎ではモルなどの計算問題が出題されており、苦手な方も多いと思います。私も当初は苦手でしたが、理系向けのセンター化学の中で、化学基礎の知識で解ける計算問題をやることで克服しました。

Sponsored Links

センター化学基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

他の科目にも言えることですが、ケアレスミスなどは、見直しをしても気づかないものです。
なので、化学基礎では、計算問題でケアレスミスをしないように、1度目に解くときにかなり注意深く解いていました。

使用する公式をきちんと書きだしたり、問題文中に出てくる数値などの条件に下線を入れたりまるで囲んだりすることで、ケアレスミスは防ぎやすくなったと思います。

センター化学基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

私は、マーク模試でよく構造式についての出題で間違えました。構造式が理解できない、とかそういうわけではなく単にそこでミスしがちでした。なので、試験前に一度構造式の出題でありそうなものを全部ノートに書き出しました。

これでもう間違えることはないだろう、という安心感が得られたので、間違えやすい問題がある人は、たとえその問題を本当は理解していて、練習なら間違えることはないとしても、一応は対策することをおすすめします。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター化学基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

本来ならば満点を狙える化学基礎でまさかの2ミス、42点という結果になりました。苦手意識があったからだと思います。

センター化学基礎では、選択肢が文章になっており、2~3箇所それぞれ異なっているところを比較し、正しいものをマークする、という出題があります。

私が受けた年は、その出題が、過去問のものより選択肢の文章が長く、私は本番で焦っていたこともあり、あまり落ち着いてしっかり比較することができませんでした。
必ずしも過去問通りでない部分もある、ということをきちんと念頭に置いていれば焦ることもなかっただろうと少し後悔しています。

京大などをめざす周りの友人たちはあたりまえのように満点をとってくる科目です。たとえ苦手科目であるとしても、難易度は高くないので、落ち着いて、ケアレスミスだけはないように取り組んでください。

理科で落とすと意外とセンター全体の得点率に響いてしまいます。確実に目標点に達せるよう勉強してほしいです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ