2019年03月28日更新

【センター物理基礎】2017年京都大学法学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-17.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学法学部
合格大学
立命館大学法学部
同志社大学法学部
早稲田大学法学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 188点 / 数I・A 97点 / 数II・B 98点 / 国語 192点 / 日本史 100点 / 倫理・政治経済 90点 / 化学基礎 45点 / 物理基礎 42点

センター物理基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター物理基礎は、少ない勉強時間で満点を狙える科目です。基礎の理解と公式暗記が基本です。例えば力学分野の出題は、三公式を覚えて当てはめる、ごく簡単なものばかりです。

また、全体の問題数が13~14問なので、1問ごとの配点が50点満点中3点または4点となっており、1問のミスがかなり響きます。よって、簡単な問題ですが、ケアレスミス等の誤答があると、点数が低くなってしまうので、簡単な基礎問題を確実に得点することが高得点の鍵となります。

センター物理基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

高3になってから、週2度の物理基礎の授業内で、センター試験の過去問を単元ごとにまとめてある物理基礎の問題集を2冊完成させました。それぞれ2周ずつやりました。

12月の中旬までは授業内の演習のみで勉強しており、12月中旬以降は、マーク模試で間違えた問題を復習したり、問題集をもう一度解き直したりしました。また、放射線の種類など、知識を問う問題が出題されますが、そのような覚えておくだけの知識問題は、教科書を見て一度きちんと覚えてしまえば得点源になるので、しっかり覚えることをお勧めします。

私は、放射線の種類などの覚えものは、マーク模試及びセンター試験本番で見直せるように、一枚のルーズリーフにまとめていました。

Sponsored Links

センター物理基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

試験中に意識したこととしては、問題を解く際に使う公式を一度書きだしてから、文字に数値をあてはめるようにしていました。その方が、あとで見直したときにわかりやすかったような気がしますし、普段の授業で先生がそのように問題を解いていたので、本番でも普段と同様に解けるような気がしたからです。

また、物理基礎は大概13~14問ですが、たまに14問目が次のページにあることを確認せず、13問目までのみ解いて3、4点を無駄にする、ということがあったので、みなさん気をつけましょう。

センター物理基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

知識を問われる問題については、1枚のルーズリーフに書き出して本番前に確認することができるようにしていました。

また、物理基礎の科目は始まってから数年しかたっておらず、あまり過去問がないので、力学などの分野は理系向けの物理の過去問演習をすることもひとつの対策法です。

物理の問題の中にも、物理基礎の知識で解けるものはたくさんありますし、物理の問題の方が難しいので、それを解き慣れる物理基礎がとても簡単に思えます。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

満点狙える、などと言っておきながら、私の本番の点数は45点です。(2017年度は2点の問題がありました)
しかも、間違えたところは公式をあてはめるだけの簡単な問題です。公式理解が不十分だったことが敗因だと思っています。

覚えることが少ない分、細かいところまで気を配って勉強して、確実に満点がとれるようにしてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ