2019年03月28日更新

2016年名古屋大学教育学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-17.jpg
年度
2016年(現役)
入学
名古屋大学教育学部
合格大学
南山大学人文学部
出身高校
愛知県県立半田高校
センター試験
英語 178点 / 数I・A 84点 / 数II・B 61点 / 国語 192点 / 世界史 94点 / 倫理・政治経済 70点 / 生物基礎 43点 / 化学基礎 47点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試直前には、新たな問題を解かずそれまでの模試や解いたことのある問題を見直しました。

特に数学はある程度出る分野が決まっていると思うので、直前に公式やよく出る問題の解き方を頭に入れておくのは効果的だと思います。

復習は、その日のうちに解けなかった問題の解説を読んで解き直しました。そして模試が返ってきたときに間違えたところを解き直し、次の模試の前に全体的にもう一度見直しました。

特に大学ごとのオープン模試は、その大学の入試の特徴にあわせて作られているため何度も解き直すことで合格に近づくと思います。

1つの模試を3回復習することはとても効果的だと思います!

直前はそれまで解いた問題や覚えたことの確認、直後は解説の読み込みや間違えたところの解き直しをすぐにやると良いと思います。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

模試で全く手が出なかったり偏差値が一気に下がったりということはなかったのですが、一度マークミスをしたことがあります。

数Ⅰ・Aを解いていたのですが、数Ⅰのところにマークしてしまって2点を取ってしまいました。いつもより判定が2つ下がってしまい、問題が解けなかったわけではないのですがさすがにショックでしたね。

数学は苦手な科目だったので焦ってしまったこと、見直しを怠ったことが要因でした。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

高校の先生は模試の判定は気にするなと言っていましたが、やはり判定で一喜一憂していました。

自分がライバルとしている友達の点数よりも低かったときは、とても悔しさを感じました。模試の結果と「○○は××点 私は××点 差××点!」みたいなことを書いた紙を壁にはり、毎日見てモチベーションを上げていましたね。

良かった時も悪かった時も、次の模試でいい結果をとれるようにすぐに目標を立てることが大切だと思います。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

全体的には特に差はありませんでした。

しかし、数学は、記述模試と比べてセンターマーク模試の偏差値が低い状態が続きました。マーク模試の偏差値が低い原因はスピード不足ではないかと考え、スピードを意識した問題演習と、本番での解く順や余白の使い方などを見直しました。

マーク模試や記述模試は、試験の練習という意味もありますが、自分の苦手を見つけるためにも有効だと思います。これは、目指す大学に関係なくすべての人に言えることだと思います。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

河合や駿台が行う名大模試は必ず受けておきましょう。模試を受けに来る人も名大を目指す人ばかりだし、問題のつくりや解答方法も名大に対応しているので本番さながらに取り組めます。

3年生は模試の数が多くて大変に感じると思いますが、一つ一つの模試を大切に受けることが必要だと思います。ただ受けるだけではもったいないです。

「模試を区切りにして目標を立て、終わった後は最低3回は復習をする」

これを繰り返すことで、本番に向けて力をつけることができると思います!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ