2019年03月28日更新

【センター世界史】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-16.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
津田塾大学学芸学部
出身高校
埼玉県立浦和第一女子高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 81点 / 数II・B 63点 / 国語 123点 / 世界史 89点 / 地理 66点 / 生物基礎 45点 / 化学基礎 43点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター世界史では、85点を目標に勉強しました。

センター試験だけでなく、併願校でも記述形式で世界史が必要になるため、私大対策を中心に学習しました。世界史は、記述対策をしていればマーク式は容易に解けるので、あくまでも記述対策に照準を合わせました。

年号を覚えればかなり得点できるので、覚えようとしたのですが、なかなか身につけられませんでした。年号暗記の参考書を利用すると、もっと学習しやすかったかなと思います。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

現役時代も浪人時代も、世界史の学習には苦労しました。なかなか自分に合った効率的な勉強法が見つからなかったのです。「効率的」と今言いましたが、世界史に効率的な勉強法はないかもしれません。とにかくどんな手を使ってでも覚える! これが一番の近道のようです。

ここで、私にとって一番勉強しやすかった方法を紹介します。

「書きこみ教科書詳説世界史―世界史B」や、「はじめる世界史 要点&演習」などをはじめとして、様々な参考書を買って試しましたが、結果的には最低3種類が必要だと感じました。

1つ目は、教科書のように歴史の「流れ」を物語のように理解できるものです。2つ目は、授業ノートのように、箇条書きや図でまとめたものです。3つ目は、問題集です。あまり凝った問題ではなく、基礎的な知識を問う記述形式のものが良いと思います。あとは、年表や図などの資料を参考できるものを手元に置いて、ときどき参照したりパラパラめくってみたりすると良いです。

一問一答をひたすらやりこむ人もいるようですが私には合いませんでした。私大で世界史を使う人は、用語集も利用した方が良いかもしれません。

Sponsored Links

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

歴史の流れや関係図を、問題用紙の余白に書きながら、体系的な理解を解答に生かすようにしました。

あと、世界史の試験は時間に余裕がありますよね。模試では、解答時間の余った時間に、答えだけでなくその分野に関連する項目を書き出してみたり、あとで調べられるよう印をつけたりしました。自分の知識の抜けを、模試の際になるべく多く発見できるようにしました。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

年号はなるべく覚えた方が良いです。年号が分かっていれば解ける問題はとても多いです。

また、センター試験は地図や写真が多いので、勉強しながら気になったことはすぐに調べると良いです。何度も何度も見ると、資料が自然と頭にインプットされます。

反省点としては、細かすぎる知識ばかりを覚えてしまい、基本的な知識を忘れてしまったことです。センター試験では出ないけれども私大の問題によく出る語句を、一生懸命覚えているうちに、センター試験では必須の重要な語句を突然思い出せなくなってしまったのです。基礎的な内容を確実な知識にすることは、とても大事だと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

世界史の知識は、受験を終えても必ず役立ちます。覚えて損なことは全くありません。

ただの暗記と思わず、「大学生になったらこの本を読もう」と考えながら文化史を覚えたり、歴史物の映画や漫画と関連づけて覚えたりして、楽しく勉強するのが一番だと思います。

受験生の時は苦労しましたが、今は世界史を勉強してよかったと思っています。知識を得たことで世界が広がったような気がするからです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ