2019年03月28日更新

【センター物理基礎】2017年京都大学総合人間学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-15.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学総合人間学部
合格大学
明治大学国際日本学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都都立桜修館中等教育学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 87点 / 数II・B 73点 / 国語 177点 / 世界史 97点 / 倫理・政治経済 81点 / 化学基礎 39点 / 物理基礎 40点

センター物理基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

京都大学総合人間学部はセンターの配点が異色で文系は理科基礎の配点がとても高く、理科基礎で稼ぎたいと思ったので、50点満点を目標にしました。

時間は比較的余裕があるので、15分ほどで解ける問題を解き時間がかかりそうな問題は後に回しました。2周目で一通り空欄を埋め、その後見直しに移りました。重力の範囲などは、載っている図か自分で描いた図に矢印などを書き込んで考える習慣をつけました。

センター物理基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

物理基礎は、授業プリントと教科書を使って一通り確認し知識をつけ、その後は他の理科基礎同様ひたすらセンター形式の薄めの問題集で演習を繰り返しました。また、教科書の練習問題や章末問題も解いていました。

具体的には、夏休みに問題集を1周したあと一旦置いておき、11月ごろから本格的に教科書を読み込み問題集を解きました。物理基礎は演習が1番大事なので、同じ問題集を繰り返すと同時にたくさん色々な問題を解くことを重視しました。

Sponsored Links

センター物理基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

まず1周目は15分ほどですぐ解ける知識問題を中心に解き、時間をかけて考える必要がある問題は後に回しました。2周目でそれらに取り組んで空欄を埋め、3周目以降で見直しをしました。不安な問題に時間を割けるように、あやふやなものには印をつけ分かりやすくしました。また知識問題のケアレスミスも避けたかったので、何度も確認してミスがないように心がけました。

センター物理基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター理科基礎は一般的に教科書から大きく逸脱した問題は出ないので、教科書の練習問題を解いたのは良い問題演習になりました。また、学校ではプログラムの都合で物理基礎と物理を混ぜた授業を受けていたので、物理の範囲まで勉強したことで物理基礎に生きた部分もありました。ただ理科基礎は最低限の時間で効率的に勉強するのが1番なので、おすすめはしません。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター理科基礎は正直なところ、生物地学物理化学の4科目で難易度がかなり変わります。例えば2017年は生物基礎がとても簡単(でも得点調整まではギリギリいかなかった)で、推薦で既に進学先が決まっており全く勉強せずに受けた友達でも9割を取っているほどでした。一方化学基礎は、周りを見ているとなかなか奮わなかった人が多かったです。一方2016年は物理化学の選択者が有利な傾向にあった、とも聞きました。

ですので、本番はそういうこともあると頭に入れておき、あまり精神面で左右されないことが1番大事だと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ