2019年03月28日更新

【センター化学基礎】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-15.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
津田塾大学学芸学部
出身高校
埼玉県立浦和第一女子高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 81点 / 数II・B 63点 / 国語 123点 / 世界史 89点 / 地理 66点 / 生物基礎 45点 / 化学基礎 43点

センター化学基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

基本的な問題は他の人もできるので、難易度の高い問題をなるべく落とさないようにしました。暗記だけでは解けない、ちょっとひねった計算問題を確実に解けるように、普段からそういった問題に当たりました。

単位のミスやちょっとした計算の間違いが致命傷になります。ゆっくりでもいいので確実に答えを出せるように、普段から練習しておくと良いと思います。

センター化学基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

予備校のテキストを中心に学習していましたが、テキストだけでは理解できない部分があり、演習問題の数も少なかったので、Z会の「解決! センター 化学基礎」というテキストを併用しました。この書籍は、暗記のゴロ合わせが載っていて覚えやすいです。

化学基礎は、慣れれば機械的に解ける問題が多いので、なるべく多くの問題を繰り返し解きました。

週1、2回の学習で、受験までに分野ごとに練習を積んでいきました。

Sponsored Links

センター化学基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

瞬発で解ける問題と、複雑な計算を含む問題があるので、前者を一通り解いてから、後者をじっくり解いていくという感じでした。計算は確実に、時間をかけて解くようにしました。

生物基礎と化学基礎を選択したのですが、生物基礎をなるべく早く終わらせて、化学基礎でたっぷり時間を使えるようにしました。しかし本番では、生物基礎をかなり丁寧に解いてしまい、思ったより化学基礎に充てる時間が少なくなってしまいました。時間がない中で解くという練習をしておいた方がよかったかなと思います。

センター化学基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

予想問題を解くとき、難易度の低いものも高いものも、全て真剣に取り組むべきだと思います。化学基礎は難易度が年によって違うからです。簡単なものも難しいものも慣れておくと良いです。

反省点としては、難しい問題を理解するのにかなりの時間を費やしてしまったことです。あまりにも理解できない問題は諦めて、英語や国語に時間を充てた方がよかったと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター化学基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

数学のように、解き方を身につけてしまえば、ど忘れすることもないと思います。定期的に問題演習をして、模試で発揮できるようにしておくと良いでしょう。

理科基礎のもう片方の科目との時間配分は重要です。計算の多い化学基礎は、時間を多くとれるようにした方が良いです。時々、時間がない中で解くという練習もしておいたほうが良いでしょう。本番は何が起こるかわからないので、いろいろなシチュエーションを想像して対策を練ると良いかと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ