2019年03月28日更新

【センター生物基礎】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-14.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
津田塾大学学芸学部
出身高校
埼玉県立浦和第一女子高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 81点 / 数II・B 63点 / 国語 123点 / 世界史 89点 / 地理 66点 / 生物基礎 45点 / 化学基礎 43点

センター生物基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター生物基礎は、40点以上を目標に学習しました。

世界史のようにとにかく暗記することを重視しました。模試や問題演習で知らない事項が出てきたら、確実に覚えるようにしました。

暗記系の問題は他の人も解けるので、差のつきやすい計算問題をしっかり解けるように準備しました。計算問題はパターンが決まっているので、参考書等に載っているものを覚えると良いです。

センター生物基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

予備校のテキストを利用しました。教科書のようなテキストと問題集の2冊があったので、前者を何度も読んで、後者を何度も解きました。テキストの細かいところまで覚え、どんな知識問題にも対応できるようにしました。

生物基礎は過去問が少ないので、模試や予想問題集が実力発揮の場でした。英数国ほど時間をかけず、週に1、2回程度学習しました。

Sponsored Links

センター生物基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

知識で解ける問題を最初にやり、計算問題を最後に残して時間をかけてじっくりやりました。他の人がミスするような問題を、自分は得点しようという気持ちで解きました。

模試や予想問題では、計算問題の多い化学基礎に時間をかけられるように、生物基礎は20分ほどで終わらせるようにしていました。しかし、本番では丁寧に解いてしまい、生物基礎はぴったり30分ほどかかってしまいました。本番では緊張するということを考慮に入れて、練習を積むべきだったと思います。

センター生物基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

生物基礎は参考書を1冊に絞った方が良いと思います。英語や国語は1冊に絞れませんが、生物基礎は1冊をやりこむのが向いている科目だと思います。覚えるべき内容が豊富に載っている参考書を用いると良いです。

模試で間違えた問題や、模試で気づいた曖昧な知識は、しっかり復習して、2度と間違えないようにしましょう。

後悔している対策はありません。かなり効率的に勉強できたと感じます。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター生物基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

短期間で一気に全ての分野を勉強しようとせず、春はこの分野、夏はこの分野…と少しずつ固めていくといいと思います。一度しっかり覚えれば、なかなか忘れません。生物基礎は、長期的に少しずつ知識を取り入れていく科目だと思います。

覚えていれば解ける問題はすぐに解いて、余った時間を計算問題に充てたり、理科基礎のもう片方の科目に充てるようにしましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ